on-the-time.jp

2011-02-11

情報化時代、1日当たり174の新聞!

イギリスの新聞「テレグラフ(Telegraph)」は、リチャード・アッレン(Richard Alleyne)の「Welcome to the information age – 174 newspapers a day」を公開し、インターネット、24時間テレビ、および携帯電話の成長は、私たちが1986年にしたときと比べて、毎日現在5倍多くの情報を受け取ることを意味していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、それは私たちがメール、twitter、ソーシャル・ネットワーキングサイト、およびテキスト・メッセージを通して大量に作り出す情報量の成長と比べと微々タルものであると言っている。

世間一般の人は毎日、情報の価値が24年前と比較して、2.5ページの6つの新聞を製作し、およそ200倍の増加になった。

このすべての情報を格納する必要があり、それは私たちが現在、クレジットカードの後部に、コンピュータ、マイクロチップ、それに類する断片の中に、60万冊の本と同等物をそれぞれ格納させている。

情報革命とデジタル時代の範囲について、南カリフォルニア大学(University of southern California)のマーチン・ヒルベルト博士(Dr Martin Hilbert)と彼のチームによって計算された。

彼らは、ポストが世界ですべてのメディアからコンピュータ、紙に格納されて、送られた平均した情報量と手紙を本として計算するのに複雑な処理を使用した。

研究者は1986年から2007年までの期間、アナログの60カテゴリとデジタル技術を調査し、そして、その結果はデジタル時代への私たちの近い完全な変遷を反映した。

85ページの新聞の類推を使用して、彼らは、私たちが毎日1986年に情報でいっぱいの約40の新聞を受け取ったことが判り、これは2007年に174倍に急騰した。

私たちは1986年に、毎日、主に郵便、電話、およびファックスで新聞の約2.5ページを出した。

これは2007年までに、メール、デジタル写真、Twitter、およびソーシャル・ネットワークサイトのおかげで、6つの新聞まで増加した。

実際のアナログからデジタルまでの転換は2002年に起こり、そして、現在のすべてのデータの94%はデジタル形式に格納されている。

この同じリソース情報はUNU Merit IT WeeklyはMSNBCからの情報として2011年02月10日に、最近、世界の技術的な容量の目録を完成した南カリフォルニア大学(University of Southern California)から研究者マーチン・ヒルバート(Martin Hilbert)が、世界のアナログからデジタルへのシフト転換点は2002年で、アナログ形式より多くの情報をデジタルで格納し始めたと言っていると報告したと紹介した。

同じリソースでも、紹介する人によって全く別の切り口になり、新しい情報として配信され、情報量はさらに急拡大する。

2011-02-10---世界のアナログからデジタルへのシフトはほぼ完全。
2010-10-25---だれが、1910年に無線を統治していたか?だれが現在、それを統治しているか?

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE