on-the-time.jp

2011年02月11日

WikiLeaksのアサンジは、ぼくの愛猫を虐待した!?

AFPは、元WikiLeaksのメンバーであったダニエル・ドムシャイトベルク(Daniel Domscheit-Berg)が、ドイツ・ベルリン(Berlin)で、WikiLeaksの暴露本「Inside WikiLeaks: My Time with Julian Assange at the World's Most Dangerous Website(ウィキリークスの内幕:世界で最も危険なウェブサイトでジュリアン・アサンジと過ごした日々)」の出版し、創設者ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)の奇行の数々をぶちまけたと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

その中で、ダニエル・ドムシャイトベルクが飼っていた雄ネコ「シュミット」に対する「虐待」のエピソードは際立っていると言っている。

その本によると、ドイツのウィースバーデン(Wiesbaden)でアサンジと暮らすようになってから、シュミットは精神病に苦しむようになってしまった。
アサンジが、指をフォークのように広げてシュミットの首をつかむなど、日常的にシュミットに虐待を加えたからだと書いている。

だが、アサンジの攻撃に「シュミット」も前足で反撃するようになったため、「狂ったオーストラリア人(アサンジ)も安泰ではいられなくなった」
「ぼくのネコにとっては悪夢のような日々だったにちがいない」と、ダニエル・ドムシャイトベルクは書いている。

それ、米国諜報局ペンタゴンと、オバマ大統領のホワイトハウスは、猫虐待で逮捕状を請求しろ!

だけど、馬鹿げたことを公表するものである。
こんな本が売れるのだから、出版社もやくざな商売である。

ダニエル・ドムシャイトベルクも、かなり馬鹿なのかもしれない。
まともな神経の持ち主で花子とだけは、確実だろう!

この男が作った「OpenLeaks」は、大丈夫なのだろうか?

これだけプレッシャ−を掛けられても、スマップ(SMAP)の草彅剛事件のようなことを起こさないのだから---

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。