on-the-time.jp

2011-02-11

Googleの七面鳥攻撃に対応するNokiaのCEO!

Cellular-Newsは、Googleのエンジニアリング副社長ヴィク・ガンドーラ(Vic Gundotra)がTwitterでMicrosoft/Nokieの提携に対し、「Two turkeys do not make an Eagle(2羽の七面鳥は、鷹を作らない。)」と書いたことに対し、NokiaのCEOがライト兄弟を事例にして応戦する舌戦が展開していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

NokiのCEOであるスティーブン・エロップ(Stephen Elop)派。ときどき使っていつ個人のTwitterアカウントで、金曜日の朝「Two bicycle makers, from Dayton Ohio, one day decided to fly.(2台の自転車がオハイオ州デイトンで、ある日空を飛んだ。)」と書き込んだと報告した。

このメッセージは、米国がもっとも自慢するライト兄弟の事例として、自転車で航空機を操縦した最初の人になったことを例えている。

つまり、それまで航空機を飛ばした人は居たが、ライト兄弟は固定翼の動力飛行を可能にした航空機コントロールを発明した。

つまり、タッチスクリーンの携帯電話を最初に作ったのはAppleで、Microsoft/Nokieではないが、もっとも大切な今後主流になるコントロールを目指すと言うことになる。

ただし、ノキア(Nokia)は、携帯電話メーカーであって、OSにこだわるのはナンセンスで、愚かしいことと言える。

サムソンは、Windows、Android、さらに独自のOS、先日降りたがシンビアンも利用していた。

また、Androidをスキップしたからと言って、ひがむGoogleも実に幼稚としか言えない。

外から見ていると、馬鹿な二匹の飛べないアメリカン・ダック!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.