on-the-time.jp

2011-02-11

iPadの次の殺人機能?

MacObserverは、アップル・ユーザーの中で最近の人気がある議論の的は、
「もし、あなたがiPadとMacBook(特にMacBook Air)のどちらかを選ばなければならないなら、どれを選ぶでしょうか?」
「iPadは、MacBookの実行可能な代案であるかもしれませんか?」と言うことだったとテッド・リンダウ(Ted Landau)が紹介し、その答えとして、彼のコラム「Me and My iPad on Vacation(バケーションの私と私のiPad)」と「Should You Get a MacBook Air?(あなたはMacBook Airを選ぶべきですか?)」を読むように薦めている。

[AD] You can advertise on this site.

よくあるように、最も簡単な答えは「It depends.(それぞれで異なる。)」であった。

重いテキスト処理と画像編集のように、ハードワークをするというのであれば、MacBook Airを欲しくなる。
さもなければ、iPadはよく競争しているだけではなく、より良いオプションであるかもしれない。

タブレット対Mac/PC討論は、もうiPadだけのものではなくなった。

数カ月以内に、支配なiPadは、Androidタブレット、HPのTouchPad、およびRIMのPlaybookが挑戦してくる。

科学技術プレスの多くが、2011年を「タブレットの年(year of the tablet.)」としている。

予測は、多く、または大部分の消費者のためのコンピュータ・デバイスの選択として、徐々にMacsとPCに取って代わって、タブレットが大きく当て、長期に現れるということである。

少なくとも、それについて現在、議論するつもりはなく、iPadのために、このタブレット変遷の方法における1つの大きい障害が残っているということである。

問題は、iPadがスタンドアロン・デバイスとして機能できないということである。
つまり、唯一のコンピュータであるはずがないということである。

それを支援して、それを同期させるようにMac(または、PC)に、iPadを接続しなければならないということである。

また、iPadは、外部記憶装置に接続するどんな方法も完全な欠如で制限されている。

アップルはSDカードスロットとUSBポートを提供するアダプターでiPad Camera Connection Kitを提供している。

しかし、彼らがデジタルカメラからフォトと映画を移すためだけに働くことを意図している。

この制限の周りで働く試みは、SahnoのHyperDriveなど、一部で成功しているが、そのような製品は広く決して採用されない。

iPadがMacかPCへの完全な代替手段として機能できる前に、アップルは、この「独立」ジレンマを解決する必要がある。

これが起こために、アップルは少なくとも2つの1つ、または両方をしなければならない。
外部記憶装置サポートをiOSに加えること、アップルで最も簡単な経路は、Camera Connection Kitの機能性を広げるだろうと指摘している。
どんな装置もSDカードにデータをインポートして、データをエクスポートすることができるように、iOSを変更することである。

同様に、アップグレードしたiOSは、Connection KitのUSBポートを通して、主要なフラッシュ・ドライブをiPadとUSBの間のデータ転送にサポートするかもしれない。

将来のiPadは内蔵のSDカードスロット、そして/または、USBポートを提供するかもしれない。

オプティカルドライブやUSBハードドライブと対照的に、小型のSDカードとフラッシュ・ドライブは、iPadの超-携帯用として、自然によく与えることになる。

アップルが、iOSをこれらのオプションをサポートできるくらいオープンても構わないと思っているかどうかという大きい答えられていない質問がここにある。

現在、iOSファイル共有オプションは非常に限定している。

アップルのサポートは、主として厄介なiTunesベースの方法に制限され、ドキュメントがそれをオープン・デバイスの中で、「sandboxed」であることを必要としている。

Dropboxなどのアプリケーションはこれらの限界の周りである程度動作するが、それは理想的な解決からまだ遠いじょうたいである。

外部記憶装置への開架は必然的に、これらの制限のいくつかの緩みを必要とする。
しかし、アップルをまだこのルートの準備ができているとは、考えられない。

しかし、テッド・リンダウは、最終的に、そこに到達すると考えている。

次のステップとして、iTunes同期要件からiPadを解放することを上げている。

そのようなシフトで、iPadは正しいスタンドアロンのコンピュータとして機能できる。

確かに、これまでのコンピュータの流れは、その通りだが、アップルは、iPadをスタンドアロンのコンピュータにして、MacBook Airを捨てることができるのか?

iPadを開発するときに、iPadとMacBook Airの両方を売ることを目的にしていたはずであり、それを考えると、テッド・リンダウが欲求不満を解消するためだけに書いているとも言える。

しかし、そのiPadの弱点をつくために、Androidタブレット、HPのTouchPad、およびRIMのPlaybookが挑戦してくると、それはそれまで巨額を稼いできたPCを捨てることになる。

その勇気がメーカーにあるのだろうか?

テッド・リンダウは、唯一の実際的な解決として、クラウドを通して、同期させることを提案している。

明確に、アップルは、ユーザーがMobileMe上で、彼らの全体のiTunesライブラリを保存することを可能にできました。
そして、MobileMe iPadを通して同様にiTunesが現在どう働いているかに機能するデバイスを同期して、支持しながら、管理できた。
しかし、MobileMe同期は完全な解決にはならなかった。

それは、インターネット接続を必要として、USBよりかなり遅い。

また、アップル・サーバーにすべてのデータを保存させると、プライバシーと安全上の配慮が上げられる。

スタンドアロンのデバイスとして、ローカルの周辺ハードウエアを必要としないで、iPadを有効にするということを求めている。

テッド・リンダウは結論として、これらの2つのオプションが適所にある場合、iPadはあなたが必要とする唯一のコンピュータになるかもしれないといっている。

しかし、アップルは、iPadが唯一のコンピュータになることを拒否している可能性の方が高いのかもしれない。

そうなったとき、テッド・リンダウの結論は、iPadへの挑戦者に塩を送ったことになるだろう。

ただし、その意見は、一昔前のコンピュータ理論に過ぎないのかもしれない。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.