on-the-time.jp

2011年02月11日

インフルエンザと戦い!

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、インフルエンザとの戦いで、研究者はウイルスの脆弱性を特定するために、徹底的なインフルエンザ・タンパク質を研究していると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ウイルス性のライフサイクルとして、インフルエンザ・ウイルスは、健康な細胞を感染させるように、細胞に入って、ウイルス遺伝子を放出しなければならない。

アイオワ州立大学の化学者メイ・ホン(Mei Hong, a chemist at Iowa State University)は、インフルエンザ・ウイルスの表面で見つけられた、M2というプロトンチャンネルを研究するのにNMR(nuclear magnetic resonance/核磁気共鳴)を使用している。

このプロトンチャンネルはウイルスが中に入った後に、健康な細胞に持って行くのを助ける際にそれが行動する重要な役割による頻繁な研究を対象にしている。

健康な細胞を感染させるために、インフルエンザ・ウイルスは細胞にウイルス遺伝子を入れなければならない。

まず最初に、ウイルスは細胞に付く。

そして、それはウイルス遺伝子を細胞に連れていくために、エンドソーム(endosome)と呼ばれる気泡の中でおおわれるようになる。

エンドソームは酸性で、それが含むウイルスの内部より酸性が強い。
このペーハー差は、細胞の中で、ウイルス遺伝子を放出するべき時間をウイルスへ伝える信号として機能する。

ウイルスが酸性の違いを感じて、細胞の中にウイルス遺伝子をリリースする引き金となるのを助けるM2プロトンチャンネル(M2 proton channel)である。

細胞がウイルスについて、自身の遺伝子とウイルス遺伝子の違いがわからないので、他の細胞を感染させ続けることができるウイルスのコピーを作るようにだまされる。

ウイルスが細胞に感染させることはできるが、最近まで陽子がエンドソームからウイルスにどのように動くかが、まだ不明瞭であったかに関して、かなり多くが感染の引き金となることを知った。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。