AD SPACE

2011-02-11

インフルエンザと戦い!

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、インフルエンザとの戦いで、研究者はウイルスの脆弱性を特定するために、徹底的なインフルエンザ・タンパク質を研究していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ウイルス性のライフサイクルとして、インフルエンザ・ウイルスは、健康な細胞を感染させるように、細胞に入って、ウイルス遺伝子を放出しなければならない。

アイオワ州立大学の化学者メイ・ホン(Mei Hong, a chemist at Iowa State University)は、インフルエンザ・ウイルスの表面で見つけられた、M2というプロトンチャンネルを研究するのにNMR(nuclear magnetic resonance/核磁気共鳴)を使用している。

このプロトンチャンネルはウイルスが中に入った後に、健康な細胞に持って行くのを助ける際にそれが行動する重要な役割による頻繁な研究を対象にしている。

健康な細胞を感染させるために、インフルエンザ・ウイルスは細胞にウイルス遺伝子を入れなければならない。

まず最初に、ウイルスは細胞に付く。

そして、それはウイルス遺伝子を細胞に連れていくために、エンドソーム(endosome)と呼ばれる気泡の中でおおわれるようになる。

エンドソームは酸性で、それが含むウイルスの内部より酸性が強い。
このペーハー差は、細胞の中で、ウイルス遺伝子を放出するべき時間をウイルスへ伝える信号として機能する。

ウイルスが酸性の違いを感じて、細胞の中にウイルス遺伝子をリリースする引き金となるのを助けるM2プロトンチャンネル(M2 proton channel)である。

細胞がウイルスについて、自身の遺伝子とウイルス遺伝子の違いがわからないので、他の細胞を感染させ続けることができるウイルスのコピーを作るようにだまされる。

ウイルスが細胞に感染させることはできるが、最近まで陽子がエンドソームからウイルスにどのように動くかが、まだ不明瞭であったかに関して、かなり多くが感染の引き金となることを知った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.