2011年02月11日

25,000の遺跡パズル!

ドイツのアート雑誌「ART」は、オッペンハイムのドイツ外交官で考古学者であったマックス・フライヘル(Archaeologist Max Freiherr)が1899年にシリア北東部で発見した約1000年前のキリストの記念碑的な彫刻と救済プレートを発見したが、その遺跡資料が展示されていた博物館が1943年の第2次大戦の爆弾で破壊された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

その破壊された貴重な資料が修復され、ペルガモン博物館(Pergamonmuseum)で見ることができるようになると報告した。

ベルリンで爆発した爆弾は、1300度の温度になり、人々に惨憺たる結果を起こしただけがなくて、また、歴史的遺産の損傷も巨大であった。

リン爆弾が1943年11月にベルリンの「テル-ハラフ博物館(Tell-Halaf-Museum)」に落ちたとき、玄武岩から、石灰岩、木と石膏でできた古いシリアの芸術宝の彫刻とレリーフを木っ端みじんにした。

それらを9年間に渡って修復し、再びよみがえった芸術的秘宝が、ベルリンのれる我聞博物館に展示されたと報告した。

この展示会は、2011年01月28日から08月14日まで開催される。
また貴重な資料をまとめた424ページのカタログが、シュネール&シュタイナー出版社(Verlag Schnell & Steiner)から、29.90ユーロで販売されている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。