gaYa広告

2011年02月12日

バレンタインデーに、ゴキブリ「Valentine」はいかが?!

BBC Newsは、ニューヨーク市のブロンクス動物園(Bronx Zoo)は愛のバグを捕らえたアメリカ人のためにバレンティン(Valentine)の贈り物を提供している。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

ゴキブリ「Valentine」を彼らの親類にちなんで名付ける機会を提供した。

ブロンクス動物園は、しゅっと音をたてる58,000のジャイアント・マダガスカル・ゴキブリ(giant Madagascar hissing roaches)「Valentine」を提示し、名前を付ける権利と共に、US$10の寄付を求めている。

ブロンクス動物園は、
「花はしおれます。」
「チョコレートは溶けます。 」
「ゴキブリはいつまでも生きるそうです。」と皮肉メッセージを発表した。

茶色と、虹色に輝いているジャイアント・マダガスカル・ゴキブリは、7.5cmまで成長する。
男性は、女性に求愛儀式で巨大な我慢を訴えることができる。

動物園のスポークスマンであるジョン・カベリ(John Calvelli)は、販売促進の初日に約1,000の名前がで買われたとAP通信通信社に言った。

ブロンクス動物園を運営している野生生物保護協会(Wildlife Conservation Society)は、珍しい贈り物の理由を示した。

米国地理学協会によると、ジャイアント・マダガスカル・ゴキブリはアフリカの南東の沖でマダガスカル島のネイティブで、病害虫でなく、また人間の住宅に生息しないといっている。

ジャイアント・マダガスカル・ゴキブリは、類階層構造での競争で、彼らの角でお互いに激突して、男性がお互い腹を押し合うことが知られている。

「多分、それはあなたを認めてあって、男らしさまたは、高い放射線に直面した強さでしょう。」と言っている。

二人の愛をジャイアント・マダガスカル・ゴキブリで温めて下さい。

ニューヨーク市のブロンクス動物園(Bronx Zoo)のGoogle Earthポインター情報
40°51'0.94"N,73°52'42.37"W
または、
40.850261, -73.878436

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告