2011年02月11日

Tweeters行動学、愛の行方!

MarketingChartsは、Exact Target and CoTweetがTwitterユーザーの行動学を明らかにしたPDFを公開したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

Twitterユーザーの52%は、同じ内容の繰り返しが時間が経つに連れて退屈になる傾向があったと報告し、その理由を明らかにした。

また、「ソーシャルからの離散」からのデータは、41%が、混雑しているtweetstreamをきれいにする必要性が、ブランドに従うのを止める理由であると言うのを示した。

1回の取引を得るためにブランドに従うことだけと同様に、あまりに頻繁(39%)にTwitterユーザーが、ブランドに従うのを止める他の主な理由は会社のポスティングと、十分な情報を提供しない会社は、それぞれ27%であった。

10人のTwitterユーザーのうち4人(41%)は、ブランドに従うのを止めたと報告し、そして、Twitterアカウントを作成した47%が、もうそれを使用しないといった。

しかし、朗報は、56%の活発なTwitterユーザーは少なくとも1つのブランドに従い、そして、64%の活発なTwitterユーザーは1日単位で彼らのアカウントを少なくとも一度チェックし、そして、48%は1日単位でそれを何度かチェックしていた。

少なくとも1つのブランドに従うTwitterユーザーの71%は、サイトを通してマーケティング・メッセージを受け取ると予想した。

オンライン米国の消費者の5人に1人未満(17%)には、Twitterアカウントがあり、そして、10人におよそ1人(9%)だけには、活動勘定があった。

すべてのオンライン米国の消費者の5%は、Twitterに関する少なくとも1つのブランドに従っていた。

以前活発なTwitterユーザーであったが、Twitterを捨て、アカウントを使用しない人の52%は、それが無意味であったので、捨てたと言った。

38%は、Twitterが退屈になったと言い、そして、23%は1つ以上の答えが可能で、それが混沌となり過ぎたと言った。

Pew Internet & American Life Projectからの最近の研究によるTwitterの用法人口学的分析は、より若い大人達が高齢者よりはるかに高いレートでさえずるのを明確に示していた。

18-29歳のインターネット・ユーザーの14%がTwitterを利用し、30-49歳の7%と比較して倍以上であった。
65歳以上では、4%で最も低かった。

米国の人種別では、スペイン系のインターネット・ユーザーの18%はTwitterを利用し、黒人は13%、非スペイン系の白人インターネット・ユーザーは5%であった。

また、郊外のインターネット・ユーザーが5%、田舎のインターネット・ユーザーの8%と比べ、都市のインターネット・ユーザーは11%が、Twitterを利用していた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告