2011年02月11日

ノキアとマイクロソフトはパートナーシップで提携。

BBC Newsは、ノキア(Nokia)はマイクロソフト(Microsoft)と共に「広い戦略的提携」を形成する計画を発表したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この提携により、ノキアがスマートフォンにWindowsフォン・オペレーティングシステム(Windows phone operating system)を使用することになったと言った。

マイクロソフトのビング(Bing)はノキアのサーチサービスを動かすうが、ノキア・マップ(Nokia Maps)はマイクロソフトのマッピング・サービスのコア一部になる。

ノキアのチーフエグゼクティブであるスティーブン・エロップ(Stephen Elop)は、今週、会社が危機にあったという警告を配置するためにスタッフへメモを配信した。

新しい戦略は、ノキアの既存のスマートフォン・オペレーティング・システムが徐々に消えていくことを明らかにした。

これからもう約1億5000万台のシンビアン・デバイスを販売すると予想したが、どれが会社の現在のデバイスの大部分で動くかは「フランチャイズ・プラットホーム」になる。

GoogleのAndroidとアップルのiPhoneを含んで、他のスマートフォンからの増加している圧力への応答が載せられるとき、発表は広く見ている。

調査会社CCSのアナリストであるベン・ウッド(Ben Wood)は、
「これは、ノキアの自己プラットホーム戦略が衰えたという明確な承認です。」と言っている。

「マイクロソフトはこの取引で大きく当てたが、iPhoneとAndroidの強さを考えて、どちらかの会社のための魔法の解決策が全くありません。」と、彼は言い足した。

調査会社IDCによれば、ノキアのスマートフォン市場のシェアは2010年に38%から28%まで下がった。

確かに、方向性がまだ出されていない!

今回の提携は、単にスティーブン・エロップの義理だけで、何も解決策にはなっていない。
しかし、いまされやくざでもあるまいに、義理で動いていては次世代は真っ暗闇のままじゃござんせんか!

スティーブン・エロップは、あそれだけの大任が担えるのか・・・

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト