gaYa広告

2011年02月08日

ジャンクフードを食べると、 IQが下がる!?

美容と医学の科学

RawStoryはAFPからの情報として、イギリスのBMA(British Medical Association/イギリス医師会)が発行している雑誌「Epidemiology and Community Health」でブリストル大学のソーシャル・アンド・コミュニティ・メディシン(School of Social and Community Medicine at the University of Bristol)のポーリーン・エメット(Pauline Emmett)が発表した研究調査によると、幼児のときに加工食品を多く食べると、晩年にわずかにIQが下がると言ったと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Research report:Are dietary patterns in childhood associated with IQ at 8 years of age? A population-based cohort study
Press Release

1. Kate Northstone1,
2. Carol Joinson1,
3. Pauline Emmett1,
4. Andy Ness2,
5. Tomáš Paus3,4,5

+ Author Affiliations
1.School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK
2.Department of Oral and Dental Science, University of Bristol, Bristol, UK
3.Rotman Research Institute, University of Toronto, Toronto, Canada
4.Brain & Body Centre, University of Nottingham, Nottingham, UK
5.Montreal Neurological Institute, McGill University, Montreal, Canada

1. Correspondence to Dr Kate Northstone, Department of Social Medicine, University of Bristol, Oakfield House, Oakfield Grove, Clifton, Bristol BS8 1TQ, UK: kate.northstone@bristol.ac.uk

* Accepted 21 December 2010
* Published Online First 7 February 2011

2011年02月07日月曜日に発表された結論は、西イギリスで1991年から1992年に生まれた1万4000人を3歳、4歳、7歳、8歳半の健康と幸福がモニターされた長期調査から導き出された。

子供の両親は、子供が消費した飲食物の種類について特に詳述したアンケートに書き込むように頼まれた。

そのアンケートの結果、
1つは加工された脂肪と砂糖が高かい食事。
次に、肉と野菜を使った「伝統的な食事」。
そして、最後に多くのサラダ、青果物、パスタ、および米がある「健康を意識している食事」。
という3つの食習慣が明らかになった。

子供が8歳半になったとき、彼らをベクスラー・インテリジェンス・スケール(Wechsler Intelligence Scale)と呼ばれる標準のツールを使用することでIQが測定された。

4,000人の子供には、IQの著しい違いが「健康を意識している食事」と対照的に、幼い頃に「加工処理された食事」をとった人に起こっていた。

最も「健康を意識している」食物を食べた子供の平均したIQが106と比べて、最も加工処理された食物を食べた子供の平均したIQが101ポイントと、20%の差ができた。

ただし、ポーリーン・エメットは、
「非常に小さい違いです。それは大きな違いではありません。」
「しかし、それらが教育により対処できないようにします。人生でいくつかで、より対処できません。」
と言っている。

経済的、そして、社会的なバックグラウンドなどを含んで、多くの要素でそれを歪曲できるので、IQと栄養との協会は強く討論された問題でもあった。

例えば、中産階級の家族は、より貧しい家庭と比べて、論証上より健康な食事をテーブルに置くことにおいて、より鋭く、そして、または彼らの子供を刺激することに関して、より神経を使うかもしれないとも言っている。

ポーリーン・エメットは、彼らのチームがそのような交絡因子を無視するために、特別に注意を払ったと言った。

彼女はAFPとのインタビューで、
「それは膨大なサンプルです。何よりも多くの人を対象にしたということです。」と、研究のサイズは空前であったことを主張した。

ポーリーン・エメットは、追加研究として、子供が年をとっていたとき、IQへのこの見かけの影響が持続したかどうか確認することに必要であったと言った。

ジャンクフードにはそのような効果がなぜあったか尋ねられた彼女は、圧倒的に加工処理された食事が、大変幼い頃に主要な段階での脳の発達のために必要なビタミンと栄養要素を欠くことを提案した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。