2011年02月08日

ルーマニア政府は、より厳しい仕返しを魔女(Romania Witches)にする。

ABC Newsは、ルーマニア政府の不況による新しい法案は、被害を受けている魔女に、より厳しい状態で仕返しすることを考えていると報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

ルーマニア当局は、彼らの貿易で税をかけ始めた1カ月後に、占い師の予測が実現しないなら罰金か刑務所さえいれると脅かす新しい法案で呪っている。

迷信はドラキュラの国で重大な問題になり、職員は不況で当たっている国が、脱税に対して、より多くのお金とひびを集めるのを助けるために魔女に頼った。

魔女は、彼女らのツールの失敗について非難されるべきでないと主張している。

ブラタラ・ブゼー魔女女王(Queen Witch Bratara Buzea)は電話でAP通信に、
「彼らは魔女を非難しないで、カードを非難するべきです。」と言った。

評論家は、国の多くの問題から公共の注意をそれさせるように提案が策略であると言った。

ルーマニアは2009年に、経済が7%以上を契約したとき、給料と年金を支払うために200億ユーロのIMF(International Monetary Fund国際通貨基金)主導の救済融資を必要とした。

2010年に、経済は再び縮まった。

しかし、今年、1.5%の成長のわずかな回復は予測した。

EU(European Union/ヨーロッパ連合)とルーマニア当局は、地方公共団体が政治論争と官僚制度によって妨げられると言った。

中道政権は不人気で、そして、反対派は弱い。そして、プレスは共謀と個人攻撃で栄え、そして、EUの職員は司法制度が、改革される必要であると言った。

ルーマニア人は、無神経で疑い深い。

ルーマニア政府は2011年1月に、数世紀にわたっている魔法の実践が課税できる職業であると公式に認めるために労働法を変えた、怒った魔女は、彼女らに不幸をもたらす試みとして、ドナウに毒のマンドレークをどさっと落とすようにうながした。

最新の法案を先週上院で通過したが、財政的、そして、労働委員会とルーマニアの議会のもう片方のホーム代理人のChamberはまだ承認しなければならない。

ブラタラ・ブゼー魔女女王は、提案された法案が大げさであると言い、
「私はこれが通過できないように、私の最後の息まで戦うつもりです。」と言っている。

イギリスのAnanovaは2008年02月28日に、ルーマニアのLilieciに住んでいる家族は、窓が割れ、自転車が飛び、テーブルが動き、風もないのにローソクが消された。それは悪霊の仕業だといったと報告した。

31歳のガブリエラ・サーカー(Gabriela Ciucur)は2006年04月24日に、魔法を職業と受け入れるように当局を説得し、何カ月もの交渉の後にルーマニアで初の法的に登録された魔女(witch)になった。

ルーマニアは、実に不思議な国である。

正式にルーマニア政府が、魔法税を採用しそうである。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト