on-the-time.jp

2011年02月08日

米国で携帯電話が盗まれた都市ランキング。

Cellular-Newsは、米国で携帯電話が盗まれた都市のランキングで、マイアミ、ニューヨーク、およびロサンゼルスがトップにランキングされ、ホットスポットになっていると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この調査は、ノートン(Norton)社に依頼されて実施され、米国では36%の消費者が携帯電話の損失か窃盗の犠牲になったことがあることが明らかになった。

米国の20の居住都市を対象にした調査によって、もっとも多く携帯電話の損失か窃盗にあっている都市は、マイアミで、応答者の半分(52%)以上が携帯電話損失/窃盗にあったことが明らかになった。

次いでニューヨークの応答者が49%、ロサンゼルスの応答者は44%が携帯電話損失/窃盗にあい、2位と3位にランキングされた。

携帯電話を無くしたか、またはおそらく盗まれたとき、フラストレーションは87%がリモート・ロックをしないで、その後、それらの携帯電話のメモリをリモート削除できないでいた。

スマートフォンの半数以上(54%)が、パスワードでプロテクトしていなかった。

応答者の圧倒的多数は、最初に、その局面を打開するために、モバイル・サービス・プロバイダに連絡して、アクセス不能にするために、平均US$125.30がかかったと報告した。

ノートンの消費者ビジネス部門の副社長ローラ・ガルシア-マンリーケ(Laura Garcia-Manrique)はシマンテック(Symantec)で、
「調査結果は明確です。」
「現在、携帯電話の損失と窃盗は消費者にとって、重要な問題です。」
「ロックするか、ノートンのモバイル・セキュリティ(Norton Mobile Security )が、あなたに携帯電話の位置を決定させることができます。それであなたが決してそうしないイベントでクリーンにして、再びデバイスを見つけ出します。」
「これまでのところ、どのプラットホームにもかかわらず、Android Market格付け5スターから4スターの14万以上がベータ版をダウンロードして提供した応答は、消費者をあらゆる所で保護するためにノートンブランドを信じると確認しました。」と言っている。

米国の携帯電話損失/窃盗トップ20都市。

1. マイアミ(Miami)--52%
2. ニューヨーク(New York)--49%
3. ロサンゼルス(Los Angeles)--44%
4. フェニックス(Phoenix)--41%
5. サクラメント(Sacramento)--41%
6. シカゴ(Chicago)--40%
7. ダラス(Dallas)--39%
8. ヒューストン(Houston)--37%
9. フィラデルフィア(Philadelphia)--36%
10. タンパ(Tampa)--36%
11. クリーブランド(Cleveland)--36%
12. ボストン(Boston)--35%
13. サンフランシスコSan Francisco()--35%
14. アトランタ(Atlanta)--34%
15. オーランド(Orlando)--34%
16. デンバー(Denver)--34%
17. ワシントンD.C.(Washington DC)--31%
18. シアトル(Seattle)--31%
19. デトロイトDetroit()--31%
20. ミネアポリス(Minneapolis)--29%

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。