AD SPACE

1983-04-07

スペースシャトル処女航海での宇宙遊泳。

NASAは2011年01月27日に、地球の周囲を軌道を描いて回る処女航海(Maiden Voyage)のスペースシャトル・チャレンジャー(Earth-orbiting space shuttle Challenger)の貨物室の中で1983年04月07日に、宇宙飛行士ストーリー・マスグレーブ(左/Story Musgrave)、およびドン・ピーターソン(Don Peterson)が、「ミッションSTS-6」として宇宙遊泳(spacewalk on the STS-6 mission)したときの写真を公開した。

[AD] You can advertise on this site.

このとき、「浮動(floating)」は、安全滑止につながれた命綱(tethers to safety slide wires)で制限された。

安全滑止につながれた命綱のおかげで、ドン・ピーターソンはポート・サイドハンドレール(port side hand rails)に沿って動くことができた。

最初に「STA-099」と呼ばれたプログラムのために、スペースシャトル・チャレンジャーはテスト用車両として機能するように組み立てられた。
NASAのスペースシャトル船隊に加わる2番目の周回機チャレンジャーは、1982年7月にフロリダのケネディ宇宙センター(Kennedy Space Center in Florida)に到着した。

チャレンジャーは、1983年4月4日に彼女の処女航海の「STS-6」で始めて、スペースシャトル計画「the Tracking and Data Relay System」で、最初の衛星の展開と同様に、最初の宇宙遊泳を見せた。

この周回機チャレンジャーは、アメリカ人で最初の女性サリー・ライド(Sally Ride)を「ミッションSTS-7」で宇宙に送り出し、「ミッションSTS-41-G」で初めて2人の米国の女性宇宙飛行士を運んだ。

「夜間ミッションSTS-8」として、この周回機チャレンジャーは最初に夜に着陸し、「ミッションSTS-41-B」で最初にケネディ宇宙センター(Kennedy Space Center)に着陸したスペースシャトルであった。

「ミッションSTS 51-F」と「ミッションSTS 51-B」で、最初のドイツ専用宇宙研究室(German-dedicated Spacelab)「スペースラブ2(Spacelabs 2)」と「スペースラブ3(Spacelabs 3)」を「STS 61-A」で飛ばした。

チャレンジャーのミッションでは、多くの科学実験と衛星展開が実行された。

アメリカ宇宙計画に対するチャレンジャーのサービスは、1986年1月28日に「ミッションSTS 51-L」で打ち上げられて73秒後に、ブースターの故障で爆発を引き起こし、乗り物と一緒に7人の宇宙飛行士の損失をもたらした悲劇に終わった。

Image Credit: NASA

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.