on-the-time.jp

2011年01月25日

火星のアポロの丘。

NASAは、宇宙船も着陸地点から、火星探査車スピリッツ(Mars Exploration Rover Spirit)のPanCamが撮影したアポロ1号(Apollo 1)の搭乗員ガス・グリッソム(Gus Grissom)、エドワード・ホワイト(Edward White)、およびロジャー・チャフィー(Roger Chaffee)にちなんで名付けられた近い丘を示した写真を公開した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

アポロ1号の搭乗員は、ケネディ宇宙センターで1967年1月27日に宇宙船の打ち上げ台テスト中に、急に燃え上がった激しい火事で死亡した。

「グリッソムロの丘(Grissom Hill)」は探査車スピリッツの着陸地点から南西に4.7マイルにある。
「ホワイトの丘(White Hill)」は北西に7マイルで、「チャフィーの丘(Chaffee Hill)」は南南西に8.9マイルにある。

つまり、納骨はされていないかもしれないが、火星にできた3人の記念碑的な仮想の墓になる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。