2011年01月25日

Appleは、iPhone 5とiPad 2で、NFCモバイルペンイメントを計画!

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、ブルームバーグ・ニュース(Bloomberg News)からの情報として、コンサルティング会社Envisioneering Groupのディレクターであるリチャード・ドハティ(Richard Doherty)の話を引用して、アップル(Apple)は、モバイル機器に挿入されるNFC(Near Field Communication/短距離無線通信規格)チップを通してモバイル支払いの成長市場までジャンプすることを計画していると言ったと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

チャード・ドハティは、アップルが、その予期されたiPad2とiPhone 5の両方が何カ月後の次のカップルの発表の中で予想されるチップをNFCを搭載して配布することを計画していると言った。

アップルの主要なボーナスは、受話器でiTunesプラットホームに保存される請求明細にモバイル支払いサービスをリンクする能力であるかもしれない。NFC採用でクレジットカード会社を迂回させる方法を会社に与えて場所に追い立てている。 アップルは、その時、米国単独で1年あたりUS$6兆2000億の価値がある市場のそれぞれのトランザクションを切り取ることができるようになる。

それは同時に、クレジットカード会社への手数料が無くなり、巨額のビジネスになる。

アップルの最大ライバルであるGoogleのAndroid OSベース・ソフトウェアは、ハードウェアサポートが現在、制限されているが、既にNFCにチップセットを支えることができる。

しかし、また、モバイル・ネットワークのオペレータが加入者SIMカードをNFCに取り替えることが異形で、それらは、市場を買い占めるアップルの試みを浸すことができた大きい即時シェアを獲得することを可能にし、実現を助けることができたと言っている。

つまり、これまでのようなクレジットカード会社への手数料の無駄を省くことが、モバイル・マネーの隠された巨大エネルギーになっている。

Googleの元CEOエリック・シュミット(Eric Schmidt)がGoogleのAndroid OSベース・ソフトウェアで、NFCにチップセットを導入すときに言った言葉が、真実である。

つまり、携帯電話のモバイル・マネーが、クレジットカードに変わる。
言い換えれば、プラスチック・マネーがモバイル・マネーに乗り移るのである。

ここで注意することは、どこが銀行業務を受け持つかと言うことになり、アップルの場合は、アップル自身が銀行業務を実施することになるだろう。

これが見えていなかった日本のモバイル・マネーがすべて無視され、最大のガラパゴス現象を起こした。

それをソフトバンク・モバイルは知らなかったようだ。

これでは、iPhoneやiPadを本当に理解して販売していたのか、大いに疑問である。

ソフトバンクが、本当の銀行業務を担えるチャンスを潰すとは、私は残念ながら考えていなかった!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト