on-the-time.jp

2011-01-25

イタリアの新しいブログは、ヨーロッパのメディア法を分析して、比較。

Editors weblogは、イタリア人弁護士で、ミラノのビッコチーニ大学(Bocconi University, Milan)の教授オレステ・ポリチーノ(Oreste Pollicino)は、ヨーロッパのメディア規制に捧げられたブログとして、Medialawsを設立したとLSDIは言ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

このプロジェクトの主な焦点は、ヨーロッパの周りのメディア法の比較と国際的なアプローチを提供することになっている。

ブログではすでに約50のニュース記事を発表した。
このコメントの分析は、教授、ジャーナリスト、弁護士、および学生から貢献を頼りにしている。

ビッコチーニ大学のオンライン新聞が、デジタル時代が可能にする無限の情報交換の横で指摘したように、対象への包括的なアプローチを取る基本的な必要性で、それを作るニューメディアから起こる法的な物質の急激な増加がある。

あまりにも頻繁に、イタリア(記事アンダーライン)では、コメントと分析が、政治的過ぎるか、または広い公衆には、特定過ぎる科学雑誌から来た。

導入の巻頭文には、
「Medialawsには、2の主なch aracteristicsがある。」
「外国の参加で高められた、比較見解に関する信念、分析、コメント、そして、彼らの政治的中立、および通信員の専門的表現」と書かれている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.