gaYa広告

2011年01月25日

イタリアの新しいブログは、ヨーロッパのメディア法を分析して、比較。

Editors weblogは、イタリア人弁護士で、ミラノのビッコチーニ大学(Bocconi University, Milan)の教授オレステ・ポリチーノ(Oreste Pollicino)は、ヨーロッパのメディア規制に捧げられたブログとして、Medialawsを設立したとLSDIは言ったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

このプロジェクトの主な焦点は、ヨーロッパの周りのメディア法の比較と国際的なアプローチを提供することになっている。

ブログではすでに約50のニュース記事を発表した。
このコメントの分析は、教授、ジャーナリスト、弁護士、および学生から貢献を頼りにしている。

ビッコチーニ大学のオンライン新聞が、デジタル時代が可能にする無限の情報交換の横で指摘したように、対象への包括的なアプローチを取る基本的な必要性で、それを作るニューメディアから起こる法的な物質の急激な増加がある。

あまりにも頻繁に、イタリア(記事アンダーライン)では、コメントと分析が、政治的過ぎるか、または広い公衆には、特定過ぎる科学雑誌から来た。

導入の巻頭文には、
「Medialawsには、2の主なch aracteristicsがある。」
「外国の参加で高められた、比較見解に関する信念、分析、コメント、そして、彼らの政治的中立、および通信員の専門的表現」と書かれている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。