gaYa広告

2011年01月21日

8500万年前の新種のイカの化石をペルーで発見!

超過去美容と医学の科学

AFPは、ペルー北東部の高地ジャングルで、8500万年前の白亜紀に生息していた新種のイカの化石が見つかったち、北部チクラーヨ(Chiclayo)の古生物博物館の館長が2011年01月20日に明らかにしたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

館長によると、化石は2011年01月06日に、マラニョン川(Maranon River)流域の海抜4100mの地点でペルーの古生物学者チームが発見した。

絶滅した頭足類の一種で、長くまっすぐ伸びた殻が特徴だと言っている。
体長32cmで、断面の直径5cmで、下部に珍しい斜めの輪があると説明した。

ただし、エグザミナー(examiner)は2011年01月24日に、発見したのはシチクラのヘーニンガー考古学博物館(Meyer- Hönninger Paleontology Museum in Chiclayo)のホルスト・クラウス・ハーニンガー・ミトラニ(Horst Klaus Hönninger Mitrani )と報告している。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。