2011年01月21日

Appleの次のCEOが、誰か!8人の炎の戦いが始まった!

MacObserverは、ビジネス雑誌「Fast Company」が、スティーブ・ジョブスがギグから辞職するか、または引退する日が来るとき、誰が次のCEOに鳴るかと言うことで、Appleの潜在的最高経営責任者8人を一周させたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

「Fast Company」によるAppleのCEO候補リストは、

AppleのCCO(最高運営責任者)のティム・クック(Tim Cook)
Appleの副社長スコット・フォースタル(Scott Forstall)
Appleの副社長ジョン・アイブ(Jon Ive)
Appleの副社長フィル・シラー(Phil Schiller)
また、辞任したばかりの元GoogleのCEO(最高経営責任者)エリック・シュミット(Eric Schmidt)
ノキアのVPピーター・スキルマン(Peter Skillman)などの名前が挙がっている。

リストのトップには、当然のようにティム・クックの名前が登っているが、創造的ビジョンの不足から、CEOになるという可能性に水を差している。

Appleのデザイナーでwünderkind(神童)と呼ばれたジョン・アイブは、技術的なトレーニングの不足のため、最高経営責任者になるという機会を逸している。

「Fast Company」は彼を「強力な共同議長であるかもしれません。」と言っている。

Worldwide Productマーケティングのフィル・シラーは、マーケティング技術で称賛されたが、雑誌には、彼が新しい最高経営責任者を支持するために彼のVPの役割に残るほうが良いと書いている。

また、この思惑でGoogleのCEOを辞任したのではないかという噂があるエリック・シュミットは、Googleをメガ改進導いたという実績が評価され、イメージがブランドの強い部分であるところにうまくいかない言葉のメモを持っていた。

このリストで、もっとも面白い候補して、VPのマーク・ペーパーマスター(Mark Papermaster)とiPodマスター(iPod-master )のトニー・フェデル(Tony Fadell)、それとノキアのVPピーター・スキルマンを加えていることだと言っている。
ただし、これは米国式下克上であり、派閥争いでもあることから、誰かがCEOになれば、その他の7人は辞任することになり、その方がAppleにとっては痛手になるのかもしれない。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。