2011年01月18日

イランは、バレンタインの贈り物の生産を全面禁止した!

Yahoo! Newsは、イランのメディアからの報告としてロイターが、イランでは西洋文化の普及をみなすことと戦うためにロマンチックな愛を祝う、バレンタインデー(Valentine's Day)の贈り物の生産と、その日のどんな販売促進も禁止したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

クリスチャンの聖者にちなんで名付けられた2月14日の祝賀は、公式に禁止されないが、強行論者は繰り返して西洋の価値観の腐敗性の普及を警告した。

イランのイスラム法の下では、新婚ホヤホヤの夫婦は混じり合うことができない。

ハートと赤いバラのシンボルでカード、箱などの贈り物を覆う印刷所所有者組合は、イラン当局によって課された禁止令の指示を発行した。

組合の組合長ニコウ・ソクハン(Nikou Sokhan)は、
「外国祝賀を光栄に思うのは、西洋文化の普及です」
「我が国は親切、愛、および愛情を光栄に思う古代文明と様々な日になります。」
と言ったと、ILNA通信社は報告した。

バレンタインデーは、イランの若者の間でますます人気があるようになって、ビジネスのための人々で70%が30未満であり、米国によって支持されたシャーを倒した1979年のイスラム革命の記憶力を全く持っていない国のドル箱であった。

説明書には、
「ポスターを含んでいるこの日を促進する、小冊子、広告カード、心臓のシンボルがある箱、半分心、赤いバラ、およびどんな活動も、禁止されているバレンタインデーまで関係づけられたどんな製品も、印刷して、生産して、 当局の禁止令を無視する人に対して訴訟を起こすでしょう。」と書かれている。

何人かの国家主義者は、バレンタインデーを"Mehregan"に取り替えることを提案して、プレイスラム紀元以来イランのフェスティバルはお祝いされた。

しかし、メヘル(Mehr )は友情、愛情または愛を言っています。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト