on-the-time.jp

2011年01月18日

ジョブスが死んでもAppleは大丈夫!?と言うアナリスト!

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、MIGUEL HELFTのレポート「Apple's Revenue Rises 70% on Sales(アップルの販売収入は70%上昇)」を公開し、世界中の消費者は、目眩がするような速度でiPhones とiPadsに飛び付くように、Apple Shopsとと他のアウトレットに押し寄せ、百万ものラップトップ、特に新しい超軽量のMacBook Airを買ったと報告している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

それは、Appleの高価な機械デバイスを歴史的に避けたビジネスさえ、製品を抱擁するように見えたと言っている。

その結果、火曜日の報告された記録的な販売でAppleは、2010年の最後の3カ月の利益でアナリストの強気の予測をもの凄く遠くに超えていた。

そして、カウフマン・ブラザース(Kaufman Brothers)のアナリストであるショー・ウー(Shaw Wu)は、
「アップルは既に多くの会社の嫉妬です。」
「まだそのような高い頂点に達している後に、彼らは、さらに競争からさえ自分たちを遠ざけることができるように思えます。」
と言った。

アップルの優れた結果は、会社の共同設立者でチーフ・エグゼクティブのスティーブン・P.ジョブス(Steven Paul Jobs/1955 - )の健康上の投資家による心配を少なくとも当分軽くし、心配ははるばる遠くに向かって行きそうであったと言っている。

2009年前半に肝移植を受けた膵癌の生存者ジョブスは、月曜日に無期医学の休暇を取ると言った。

ジョブスはニュースリリースで、
「私たちは記録的なMac、iPhone、およびiPad販売で、驚異的な休日四半期を過しました。」
「私たちはすべてのシリンダを撃っています。そして、パイプラインでいくつかのおもしろいものを今年に得ました。」と言っている。

ジョブスの不在の間、会社を経営するCCO(chief operating officer最高執行責任者)ティモシー・D.クック(Timothy D. Cook)を含むアップルのトップ幹部社員との電話会議でアナリストは、ジョブスの健康に関するただ一つの質問もしなかったと報告している。

2人のアナリストは、Appleが彼らの質問に幹部社員が答えていなくて、彼らに「いらだった」と感じたと言った。

Appleは、1年前のUS$34億(1株あたりUS$3.67)から、2010年の最後の3カ月で純収入が1年前から78%上昇して、過去最高のUS$60億(1株あたりUS$6.43)になったと言った。

収入が1年前のUS$156億8000万からUS$267億4000万に70%以上急増しました。

ウォール街のアナリストは平均的に、Appleが1年の最後の3カ月でUS$245億の収入を報告して、1株あたり約US$5.38の純収入を持っていると予測した。

コンピュータMacの販売は、PCの総合的な市場をしのいで、22%成長し、最近、会社のモバイル製品の上にAppleの焦点の大部分がある間にも、410万ユニットを販売していた。

ラップトップの売り上げは特に強く、1年前から37%成長していた。

AppleがiPhoneの販売で期待を無視し続けていた1年以上前から1624万ユニットと、86%多く販売した。

また、会社は前の四半期より75%も多く、730万iPadsを販売した。

iPadは2009年のホリデーシーズンに利用可能では無かったので、年間伸び率は計算できない。

アナリストは、この結果がジョブスのあるなしにかかわらず順調であることができたと考える理由を投資家は知るべきであると言った。

Booz & Companyのパートナーで、イノベーション・プラクティスのヘッドであるバリー・ヤルゼルスキー(Barry Jaruzelski)は、
「彼は聖像のリーダーですが、これは個人経営でなく、また長い間の唯一ではありません。」
「震えない手が農夫にあります。(here are steady hands at the tiller.)」と言った。

Appleが四半期決算を報告する前にさえ、投資家はストライドでジョブスの休暇に関するニュースを見た。

シェアは、開始を告げる鐘で、US$340.65へUS$7.83へ6%以上低下したが、すぐにまたは金曜日近くで閉じた2.2%に回復した。

この衰退はアナリストが予測した10%の低下よりはるかに小さかった。

アナリストは、国民の祝日、およびそれの1日前に優れた結果を報告し、その時、市場は休業したが、ジョブスに関するニュースのリリースのタイミングで、事故が全くなかったと言った。

パイパー・ジェイフレー(Piper Jaffray)のアナリストであるジェネ・マンスター(Gene Munster)は、
「皆へのニュースのスプーン摂食の精度は古典的なアップルでした。」と言った。

電話会議の間、クックはAppleには炎熱で成長を続ける多くの余地がまだあったという信用を述べた。
彼は、会社にはPC市場で比較的小さいシェアがまだあって、スマートフォンとタブレット・ビジネスが急速に拡張していたと言った。

クックは、「私たちは、社運として非常に自信を感じます。」と言った。

しかし、それらはすべて未来予測であり、未来予測ほど無責任なことはなく、現実にジョブスが死んで、そのときiPhoneやiPadがどのような状況に追い込まれているか、それをどう克服するか?

このような意見が出るのも、ジョブスの余命がかなり限られてきたことを証明したに過ぎないのであった。

ただ、それだけであった。

WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)は、80歳にも感じそうな1955年生まれのジョブスの写真を公開している。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。