on-the-time.jp

2011年01月14日

ハリウッド女優ジャ・ジャ・ガボール、右脚をひざの上から切断。

AFPは2011年01月15日に、米国の往年のハリウッド女優で、93歳のジャ・ジャ・ガボール(Zsa Zsa Gabor/1917 - )が2011年01月14日に、ロサンゼルス(Los Angeles)のロナルド・レーガンUCLA医療センター(Ronald Reagan UCLA Medical Center)で右脚をひざの上から切断する手術を受けたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

2010年から入退院を繰り返しているガボールは、2011年1月初めに感染症で入院して抗生物質の投与を受けていたが、感染が骨にも広がったため、医師らが脚の切断を決めた。
医師らは、手術は成功したが、容体を注意深く見守るとしている。

夫のフレデリック・フォン・アンハルト(Frederic von Anhalt)によると、ガボールは回復室に移され、目を開けてアンハルトを見て少し笑顔を見せたといっている。

しかしガボールは脚を切断されたことをまだ知らない。
医師団がガボールの血圧が上がるのを恐れているため、アンハルトは手術したことをまだ話していないという。
医師団は、手術後3~4日経ってから本人も脚を切断したことに気付き始めるとしており、アンハルトはその時に伝えるつもりだと言っている。

パリス・ヒルトンが登場するず〜っと前、大伯母ジャ・ジャ・ガボール、エバ(Eva)、およびマグダ(Magda)姉妹がいた。
ガボールが唯一の有名人で、たわいのないゴシップネタであり、タブロイド判で彼女の人生の全面を覆っていた。

Zsa Zsa Gabor(AKA Sari Gabor)

Born: 6-Feb-1917
Birthplace: Budapest, Hungary

Gender: Female
Religion: Roman Catholic
Race or Ethnicity: White
Sexual orientation: Straight
Occupation: Actor

Nationality: United States
Executive summary: Cop-slapping Gabor sister

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告