2011-01-14

中東のスマートフォン浸透率、世界平均より45%高い !

Cellular-Newsは、モバイル広告代理店InMobiが2010年7月〜2010年10月の間の中東のモバイル広告傾向への「snapshot look」を発行したと報告した。

この研究調査によって、中東ではノキアのデバイスがまだすべてのモバイル広告印象の2/3を占めていることが判った。

また、研究調査によって、スマートフォンが全体の40%であることが判り、これは世界平均より45%高い。
アップル(Apple)のiPhoneアは3カ月で18ポイントのシェアを獲得したが、それは主要国でInMobi販売促進によって一部後押しされたと言っている。

InMobiのGlobal ResearchとマーケティングのVPジェームズランベルティ(James Lamberti)は、「中東でのモバイル広告の成長は、グローバルなモバイル暴動として歩き回り続けています。」
「現在の成長傾向での市場は、わずか数カ月後に毎月10億レベルを越えるでしょう。」
「その領域は若くて、モバイルのひたむきな人口がグローバル化をじっと見ながらモバイル・メディア消費として現れている開発者社会を追い立てている非常におもしろい生態系を表します。」コメントした。

つまり、中東をターゲットにしたビジネスはテレビより、モバイル広告なのかもしれない。
しかし、中東のテレビ効果は、比較例がないことから判らないが、さらに凄いのかもしれない。

モバイル広告表示回数は、その領域の90日間で毎月7億5200万回まで51%成長した。