gaYa広告

2011年01月13日

2011年のタブレット・ゴールドラッシュで儲けるのは?!

Cellular-Newsは、新しいIHS iSuppli研究調査を報告し、アップル(Apple)のiPadと競争しているタブレットを提供する技術産業の突進は、ディスプレイ・メーカーが、彼らのタブレット顧客から好景気の需要を満たすのを試みるとき、不足と超過在庫の両方を作って、今年グローバルなディスプレイ産業で分裂を引き起こすと予測した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

グローバルなタブレット出荷は、2010年の1710万ユニットから、2011年に5760万ユニットに上がって、3倍以上になると予測している。

アップルは、タブレット出荷る市場の70.4%のシェアを独占して保有するだろうが、サムソン(Samsung)、ヒューレット・パッカード(Hewlett-Packard)、RIM(Research in Motion)、デル(Dell)、および他の何十もの会社を含んで、消費タブレットを作り出す新しいライバルからの上がっている競争に直面する。

しかし、当分、アップルが次の2年間タブレット販売を支配すると予想されている。

iPadは、世界的技術市場への革命に影響を与えて、そのような分裂は意外であるべきではない。

1950年代のテレビの夜明け以来、別の電子装置はとても多くの消費者の心、および裁量支出をあまりに楽に得ていない。

一時のでき心と以前のモデルが消費者の中で関心を集めなかったとき、タブレット形態因子は一度学者によって捨てられた。

しかし、iPadはすべてを変えた。

そして、今、デバイスは、販売ともちろん居間を小売するために他のタブレットと共に教育とヘルスケアから政府と軍までの事実上すべての用途のための標準装備として並んでいる。

タブレットフェースオフが2011年に相当な注意を支配している間、IHS iSuppli予測は、今年もAMOLED(active-matrix organic light emitting diode/アクティブ・マトリックス有機発光ダイオード)表示の製造におけるブレークスルーをもたらすのを示した。

新素材、過程、および生産能力への大規模投資が、現在の唯一の一流供給者サムソンを可能にする。また、AMOLEDs、AMOLED浸透をモバイル機器により深く追い込む、LGとおそらく他の1か2つの表示会社が台頭してくると予測されている。

これは、プレミアムAMOLEDテレビが見本市を超えて小売の棚に動く年であるかもしれない。

2011年の別の注目に値する傾向は上位テレビのための標準装備としての立体能力の出現になる。

2010年に3Dは、あらゆるテレビのメーカーと放送局の騒音になった。
しかし、すべての誇大広告は立体テレビがビューアーをウオッチし、仮定しながら不快であった第一世代を見たために、どんな立体コンテンツにも当たることができたという事実に打ち勝つことができなかった。

つまり、にわか3Dプロが、市場の未来を潰した。

これは、うどん屋がある日突然、イタリアン・レルトランをオープンしたように、鰹だしのスパゲッティやピザになってしまった。

テレビ・ブランドが、それをより多くの消費者にこの技術を増殖させることを彼らの任務にしたとき、2011年にプレゼンテーションの品質コストでさえ、立体能力は多くの最上級機のためのチェックリストに追加されるだろう。

特に初期採用者が、広大に改良された技術がリリースされたので、彼らの投資が時代遅れであることを一両年のうちに学ぶなら、無眼鏡の3Dや映し出された3Dのように、これが何らかの短期間成功に通じているかもしれないが、これらのブランドは長期の顧客ロイヤルティを危険にさらしているかもしれないと分析している。

つまり、消費者が正しくテレビを評価するきっかけを提供し、もっとも恐れられる巨大なテレビ離れの大波が来るかもしれない。

そしてそれは、ゲーム・コンソールにまで影響してくることだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。