gaYa広告

2011年01月14日

ヨーロッパの「サバ戦争」

BBC Newsは、ヨーロッパの「サバ戦争(mackerel war)」とも言われる論争の中で、EU(European Union/ヨーロッパ連合)は、アイスランドのボートからサバ陸揚げを妨害したと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

割当てを増やす口論は、数カ月スコットランド産業の中で怒りと心配をかけている。

サバの波動に続いて、アイスランドが割当てを一方的に増加させた後に、会談は問題を解決していなかった。

EV(European Commission/欧州委員会)は、アイスランドに対する制裁が即日施行であると言った。

サバの漁業でのアイスランドの交渉責任者トマス・ハイダー(Tomas Heidar)は、BBCスコットランド・ニュースWebサイトで、「持続可能な漁業を確実にするために、サバの家畜で包括的な管理で合意に達することが必須である。」と書いている。
さらに、「私たちは、すべての党がこの点で共同責任があると強調します。」と言っている。

サバはスコットランドの漁船隊の最も貴重な部分で、そして、釣りのリーダーは行動が取られなかったなら列を徐々に拡大しそうであると言った。

アイスランドは先月、、2010年の13万トンから2011年の14万6818トンの割当てを設定していたと発表した。

それは、ヨーロッパ連合とノルウェーと仲たがいして、Faroe諸島での論争における最新のねじれとなった。
しかし、フェロー諸島(Faroe Islands)は、昨年、割当てを増加させた。

欧州委員会は声明で、
「EUとアイスランドはすなわち、相互利益、サバの魚種の管理に重大な不一致があります。」
「伝統的に、このストックはEUとノルウェーによって管理されましたが、アイスランドの漁業は2008年と2009年に無制限な方法で非常に急速に展開しました。」
「アイスランド政府は、2009年にこれらの捕獲に天井を置きますが、高過ぎるレベルで置き始めました。」
「アイスランドのボートのブロッキングに関する声明は終わりました。」
「私たちは即刻で、これらの政策を実施するでしょう。」と言った。

アイスランドの交渉者は、国の漁船隊にはアイスランドでの捕獲を決着させることができるくらいの容量があると言い、したがって、制裁に効果がないといっている。
ドイツでは、冷凍サバが安いので、しめ鯖などを作って楽しんでいた。

しめ鯖の酢は、ワインビネガーであった。

ヨーロッパでは、サバとタラはいつも戦争である。

フェロー諸島(Faroe Islands)のGoogle Earthポインター情報
61°53'29.56"N,6°54'25.86"W

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。