AD SPACE

2011-01-12

ワシントンポストは有名なコラム「Fact Checker」を戻す!

イギリスのJournalism.co.ukは、ワシントンポスト(Washington Post)は政界人、営利団体、およびメディアによる声明を評価することで有名なコラム「Fact Checker」を戻してきたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

グレン・ケスラー(Glenn Kessler)によって書かれる「Fact Checker」はオンラインで利用可能であり、新聞で付随のコラムを持つことになる。

「Fact Checker」は、2008年に大統領選キャンペーンの間マイケル・ドッブス(Michael Dobbs)によって書かれ始められたが、政治家候補、役人、メディアなどの数字によって出された声明をより広い焦点から「事実の照合を大いに必要とする」状態であった。

ワシントンポストは、「それがむこうが大きい世界であることから、私たちは質問して、チェックされる必要がある声明を指摘するために読者に頼るつもりです。」と、コラムを紹介している。

読者は、話題における事実チェックへの提案と政治家候補、営利団体、およびメディアによるクレームに関する秘訣を送るように頼まれ、また、彼らが記述した必要がある話題について投票できる。

ワシントンポストのエディタであるケビン・メリダ(Kevin Merida)は、「アイディアは、読者を従事させることです。」と言っている。

また、Fact Checkerは、例証する「ピノキオ・テスト」を使用することで、事実上の論争に関するそれ自身の意見を提供することになる。

そう言えば、インターネット上にはFactCheck.orgが、似た情報を提供し、大きな話題になっている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.