gaYa広告

2011年01月12日

ワシントンポストは有名なコラム「Fact Checker」を戻す!

イギリスのJournalism.co.ukは、ワシントンポスト(Washington Post)は政界人、営利団体、およびメディアによる声明を評価することで有名なコラム「Fact Checker」を戻してきたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

グレン・ケスラー(Glenn Kessler)によって書かれる「Fact Checker」はオンラインで利用可能であり、新聞で付随のコラムを持つことになる。

「Fact Checker」は、2008年に大統領選キャンペーンの間マイケル・ドッブス(Michael Dobbs)によって書かれ始められたが、政治家候補、役人、メディアなどの数字によって出された声明をより広い焦点から「事実の照合を大いに必要とする」状態であった。

ワシントンポストは、「それがむこうが大きい世界であることから、私たちは質問して、チェックされる必要がある声明を指摘するために読者に頼るつもりです。」と、コラムを紹介している。

読者は、話題における事実チェックへの提案と政治家候補、営利団体、およびメディアによるクレームに関する秘訣を送るように頼まれ、また、彼らが記述した必要がある話題について投票できる。

ワシントンポストのエディタであるケビン・メリダ(Kevin Merida)は、「アイディアは、読者を従事させることです。」と言っている。

また、Fact Checkerは、例証する「ピノキオ・テスト」を使用することで、事実上の論争に関するそれ自身の意見を提供することになる。

そう言えば、インターネット上にはFactCheck.orgが、似た情報を提供し、大きな話題になっている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。