gaYa広告

2011年01月12日

フランスは、G8議題にインターネット規制を載せたい。

ドイツのDeutsche Welleは、フランスの大統領ニコラス・サルコジ(French President Nicolas Sarkozy)の管理のメンバーは2011年01月10日月曜日に、サルコジ大統領が今度の国際サミットの前に、それぞれのG8国からインターネット事業者代表を集めたがっていると言ったと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

そのサミットは現在、5月26日?27日に北フランスでかい際される予定されている。

どんな規則がインターネットに必要か?と言う質問に、
「考えは、それぞれのG8国からの代表がG8の前にドービル(Deauville)で会って、これらの疑問レポートを製作するべきであるということです。」
フランスの通信社は命名しなかった情報筋(が、「どうテロ、小児愛、および消すべき権利の問題に応じるか?」ということになる。

サルコジ大統領は2010年12月に、「G8の国からのWebサイト創設者とブロガー」で尊重された会議の側面で会うように求めて、同様の提案について提唱した。

また、彼は、伝えられるところによれば、今週、彼のワシントンDCで米国大統領バラク・オバマ(US President Barack Obama in Washington, D.C.)とのミーティングの間に、この問題について議論した。

フランスの新聞ルモンド(Le Monde)は2011年01月12日火曜日に、2008年以来インターネットで増加する国際的な規則へのフランスの政府的な関心がフランス政界で乱暴に扱っていると報告した。

その時、フランスの商務国務長官フレディリック・ルフェーヴル(Frederic Lefebvre)は、フランスの国民議会の前スピーチで、「G20インターネット・サミット(G20 Internet" summit)」を求めた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告