2011-01-15

イラン人の科学者に対する「モサド陰謀」とその背景。

BBC Newsは、イランが2011年01月10日にマサウド・アリ・モハマディ教授(Professor Massoud Ali Mohammadi)の殺害で10人市民を捕らえたと発表したことについて、イランの諜報省(Intelligence Ministry)が、10人の容疑者はイスラエルの情報機関モサド(Israel's intelligence service Mossad)で働いていたと言ったことについて、イラン駐在のジェームズ・レイノルド(James Reynolds)がレポートと解説として「Behind the 'Mossad plot' against Iranian scientist」を公開した。

それは、程度の低いスパイ小説のよいうであった。

ジェームズ・レイノルドは最初に、
あなたはどのカナッペかで勤めるべきです。
おとり捜査官のためにあなたの国で最も偉大な敵からいなくなりますか?
どういうものがそのような機会の間で、適切なおしゃべりを構成しますか?

これらが幾つかの多くの興味ある問題として、2010年1月のイラン人原子物理学者暗殺で逮捕された男性のひとりの話題で、宙ぶらりんのまま残っていると言っている。

イランの国営テレビ・チャンネルChannel Twoは、逮捕されたひとりの男性マジッド・ジャマリ・フェシュ(Majid Jamali Fash)が申し立てた自供を放送した。

マジッド・ジャマリ・フェシュは、約3年前にスタンブールでイスラエルのConsulateにアプローチしたと説明した。
彼がこのアプローチをした理由は明確ではない。
しかし、彼は、イスラエルのエージェントが、
「彼らは正確に私の生涯について、一部始終を尋ねました。」
「そして、また、彼らは、それらのプランでそれらに協力するために私に申し出て、イランの中から情報を収集するように私に頼みました。」
と証言した。

マジッド・ジャマリ・フェシュはイランに戻って、軍事基地の情報を集め始めました。
そして、彼は彼が拾集した諜報を共有するイランとトルコの間のいくつかの旅行をした。

その後、彼は、バンコクで操作者に会い始めた。
1回の旅行ではマジッド・ジャマリ・フェシュが、医師によるIQテストが与えられたと言っている。

ここに、情報を格納する秘密の方法を持っていたラップトップ・コンピュータを彼に与えた。
イランに戻ったとき、彼は、コード化されたメッセージを彼の操作者に送るのにラップトップを使用したと言った。

そして彼は、アゼルバイジャンに飛ぶように頼まれた。
そこから、彼にがイスラエルのパスポートとアイデンティティを与え、テルアビブに飛んで、軍事基地に駆り立てたと言った。
そこで彼に、兵器トレーニングをさせ、モーターバイクを使用する方法を教えた。

彼は、「彼らは追跡やカウンタ追跡など、その旅行の間、車を追いかけて、特定の場所で情報を得て、車の下で爆弾を張り付けるなど、何らかのトレーニングを私に与えられた。」と言っている。

数日のトレーニングの後に、彼の操作者は、彼には目標があったと彼に言った
テヘラン大学のP物理学部のマサウド・アリ・モハマディ教授。
彼は、彼らが教授の家の外でオートバイ爆弾を仕掛けて欲しかったと説明した。

「彼らは、初めて、(教授のもの)家の小さいモデルを私に見せました。」
「それは、本物の正確なコピー、サイズ、材料、色、それの横の木、アスファルト、通りの縁石、橋でさえありました。」と証言した。

彼がイスラエルを出ることになっている前の夜、彼の操作者は、彼に送別会を開いた。
何かで役立つか、そして、話された人が、何であるかの記録はなかった。

そして、マジッド・ジャマリ・フェシュはイランにして戻った。
イラン当局は、2010年1月12日のまだ夜が明けないうちに、彼のネットワークが遠隔操作で起爆できた爆弾をこのオートバイに取り付け、北テヘランのQetariyah地区のマサウド・アリ・モハマディ教授の家の外にオートバイを駐車したと申し立てた。

教授は、1月12日の朝、出勤するために家を出た。
彼は、午前8時にテヘラン大学で講義する予定であった。
しかし、彼は彼の正面玄関の先でかなり多くのステップで、モーターバイクの爆弾は爆発して、教授は死亡した。

およそ1年後に、イランは、殺害に責任があるエージェントを逮捕すると言った。

あまりにも単純にイスラエルがイラン人スパイに雇い、そのスパイが教授を殺したことになっている。
スパイ映画でも、もう少し複雑である。

しかし、テレビで示された逮捕と自供は、多くの答えられていない疑問を残していた。
いつ、どこで、疑わしい物質は引き止められたか?
それらはどのように発見されたか?

もちろん、また、するはるかに大きい疑問がある。
彼らがモサドで働いていたという主張は、本当か、誤っていないか?

片方が詳細なセットで主張を提示するとき、反対側がそれについての疑問を問い合わせるのは、基本的手段である。
しかし、この場合、それは不可能であった。

ほとんどの諜報エージェンシーのように、「モサド」は、それらを確認するか、またはそれらを否定するために活動の主張を非難しなかった。
イスラエル政府の職員は、コメントするのを断った。

そして、イランでは反対派筋が、教授が彼らのサポートのため、政府に殺されたと主張した。

それで当分、1人の死亡した科学者、逮捕、および彼自身の秘密送別会の主賓であったエージェントの話の下で、10人の男性と共に残されたままになっている。