2011-01-15

ネパールでの国連任務が終わり、その後は不透明!

BBC Newsは、ネパールの和平プロセスをモニターするために設立された国際連合任務「UNMIN(United Nations Mission in Nepal/国際連合ネパール支援団)」は、未来に関する不確実性の中で2011年01月15日土曜日にネパールを出る予定になっていると報告した。

ネパールで紛争している政党が、2010年9月に命令を広げないのに同意した後に、任務は休んでいた。

しかし、まだ、彼らがどうモニターして、さらに義務を引き継ぐための協定が全くない。

国連のチーフであるカリン・ランドグラム(Karin Landgren)は、すみやかな引き渡しができように、11時間後の取引を期待している。

彼女は、
「私の恐怖は、コンセンサスが土曜日までになければ、多くの気後れが人々にあるということです。」
「しかし、私は、党が圧力を感じると考えます。そして、彼らが1月15日に関する私たちの締め切りの前に何らかの妥協に来ると確信しています。」と言っている。

「UNMIN」は2007年に設立され、毛沢東主義者との10年間の闘争を終わりにもたらした和平協定に基づき、毛沢東主義者軍とネパール国陸軍の兵器と兵隊をモニターした。

また、2008年にConstituent議会選挙を行うのを助けた。
その時、毛沢東主義者は、ほとんどの議席を獲得したが、圧倒的過半数より下回っていた。

しかし、これらの成功にもかかわらず、ネパールはまだ和平プロセスを結論づけて、新しい民主的な憲法を起草するには遠くいところにある。
「異なった命令を考えて、私たちがそれ以上のことをしたかもしれないと信じています。」
「意志決定に影響を及ぼすことをしないで、モニターしている端を維持するのはいらだたしいです。」と、カリン・ランドグラムは言っている。

2006年のComprehensive和平合意の状態の多くがまだ実現していない。

ネパール陸軍は再構築されていない。
1万9000人以上の元毛沢東主義者ファイターが、国中の州、国連の監督下で兵器を持っている。

それらを保安部隊と統合するか、または一般市民の生活までそれらを復権する取引は、毛沢東主義者(Maoists/マオイスト)とネパール会議派(Nepali Congress)の同盟と、マルキシストのレーニン主義者を結合させたネパール共産党Communist Party of Nepal /United Marxist Leninist)の間の不信用のため遅らせている。

ネパールの和平プロセスがあった。
6月にネパール会議派とCPN-UML連立政権の崩壊以来、行き詰まった。

それ以来、議会が16の失敗投票のまま、新首相を選んだ。

唯一の候補ネパール会議派のMP ラム・チャンドラパ・ウデル(Nepali Congress MP Ram Chandra Poudel)が引退した後、17回目の投票は今週、中止された。

これがどのように国連のモニターしている義務を引き継いで、和平プロセスを前方へ動かせるかに同意する新しい権力分担政府へ道を開くことが望まれている。

すべての党が、コンセンサスへの代替手段が全くないのに同意した。
しかし、分割はそれらの間に深く残っている。

毛沢東主義者は、国連に滞在して欲しい。
毛沢東主義者副議長バブラム・バッタライ(Baburam Bhattarai)は、
「UNMINは、和平プロセスを壊さないためには両側の心理的抑止策です。」
「それがなければ、問題が起こるかもしれません。」と言っている。

毛沢東主義者は、「UNMIN」の締め切りが期限が切れる前に、公平で、国際的な存在が必要であると相手を説得することを望んでいる。

しかし、ネパール会議派とCPN-UMLは意見を異にしている。

これらの党の数人は、任務があまりに毛沢東主義者の近くにいつもあったと感じて、元反逆者と国家の安全保障力の平等な待遇に憤慨している。

この点で、それらは大きくて強力な南隣人インドによって、ネパールが支持されている。

境界の中で、毛沢東主義者反逆者と紛争しているインドは、ネパール毛沢東主義者を権力に入れないようにしようとする際に重要な役割を果たした。

またインドは、、ネパールに「UNMIN」をおくと和平プロセスが減速するだけであると国連安全保障理事会のメンバーに忠告する際に舞台裏で動いた。

政治評論家C Kラル(C K Lal)は、
「インドは、ネパールの領土でどんな外国人の存在もヘゲモニーへの可能な挑戦と考えます。」
「これはインドが2つの国との特別な関係として1950 Indo-Nepal Treaty of Peace and Friendshipを解釈するからです。そして、インドがネパールの外交政策上で特別権を持っていると思います。」と言っている。

「UNMIN」が土壇場の政党間取引で、和平プロセスがどう続くかという点でも不確実性がある。
政治上では、だれが次期首相になるかに焦点を合わせられている状態で、特に、新しい憲法を起草する5月28日の締め切りに間に合われるのは、ますますありそうもないと言っている。

時間が、国連の義務を引き継ぐ妥協取引でなくなるとき、カリン・ランドグラムは、
「ここ4年間で作られた利得が、ひっくり返らないと信じている。」
「しかし、時間が非常に短いので、彼らのブートストラップを引き上げるのは、Nepalis次第です。」と言った。

まだカオス状態で、そこにインドでの問題まで入りくんできている。

どうなる?
天竺の国ネパール。
ネパ−ルには、世界最強の陸軍グルカ兵が居る。
第2次世界大戦で、日本の陸軍がビルマにいたとき、このグルカ兵が日本陸軍を粉砕したことは、「ビルマの竪琴」という映画にもなってよく知られている。

What is UNMIN?
The United Nations Mission in Nepal (UNMIN) is a special political mission in support of the peace process in Nepal. It was established in response to the letter to the Secretary-General sent on 9 August 2006, in which the then Seven-Party Alliance Government and the Communist Party of Nepal (Maoist) requested United Nations' assistance in creating a free and fair atmosphere for the election of the Constituent Assembly and the entire peace process.

When was UNMIN established?
UNMIN was established on 23 January 2007 by United Nations Security Council Resolution 1740. At the request of the Government of Nepal, the Security Council unanimously extended UNMIN's mandate for six months on 23 January 2008 (Resolution 1796), on 23 July 2008 (Resolution 1825), the third time on 23 January 2009 (Resolution 1864), the fourth time on 23 July 2009 (Resolution 1879), the fifth time on 21 January 2010 (Resolution 1909),the sixth time on 15 May 2010 (Resolution 1921), and for the seventh time on 15 September 2010 (Resolution 1939).

Where is UNMIN based?
UNMIN's headquarters is located at the International Convention Centre, New Baneshwor in Kathmandu. It also maintains a 24-hour presence at the weapons storage areas of the seven main Maoist army cantonment sites and the Chhauni barracks of the Nepal Army.

Previously UNMIN had regional headquarters in Biratnagar, Dhangadhi, Kathmandu, Nepalgunj and Pokhara. These were closed down with the downsizing of the Mission in July 2008.

What does UNMIN do?
Resolution 1740 (2007) established UNMIN with a mandate to:

* monitor the management of arms and armed personnel of the Nepal Army and the Maoist army, in line with the provisions of the Comprehensive Peace Agreement.
* assist the parties through a Joint Monitoring Coordinating Committee in implementing their agreement on the management of arms and armed personnel
* assist in the monitoring of ceasefire arrangements
* provide technical assistance to the Election Commission in the planning, preparation and conduct of the election of a Constituent Assembly in a free and fair atmosphere

The mandate recognized the need to pay special attention to the needs of women, children and traditionally marginalized groups in the peace process, as mentioned in the Comprehensive Peace Agreement.

Resolution 1824 (2008), Resolution 1825 (2008), Resolution 1864 (2009), and then Resolution 1879 (2009) renewed this mandate, taking into account the completion of some of its elements with the holding of the 10 April Constituent Assembly election, as well as the ongoing work on the monitoring and management of arms and armed personnel in line with the 25 June Agreement among the political parties, which will support the completion of the peace process.

How does UNMIN relate to other UN agencies?
Most UN agencies present in Nepal have been established for a long time, in order to support and implement a wide range of development programmes and assist in response to emerging humanitarian needs. The Office of the High Commissioner for Human Rights was established in May 2005, with the aim of protecting human rights in the context of the armed conflict and threats to democratic rights. The parties to the CPA expressly requested OHCHR to take responsibility for monitoring the human rights situation during the peace process, and UNMIN works closely with OHCHR in this regard.

The Representative of the Secretary-General works with the UN Resident and Humanitarian Coordinator to ensure that all UN agencies coordinate their efforts and maximize the UN support to Nepal's peace process.

How long will UNMIN stay in Nepal?
UNMIN is mandated to stay in Nepal till 15 January 2011. Longer term UN assistance to Nepal will continue to be delivered by UN agencies.