2011年01月14日

アジアのフットボール・チーフは、2022年のワールドカップ共同開催を否定した!

BBC Newsは、アジアのフットボール・チーフであるモハメド・ビン・ハーマン(Mohamed Bin Hammam は、カタールで2022年の夏から冬までにワールドカップを開催するとき、中東湾岸地域の周りで試合を共有することを除外したと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

FIFAは、カタール・サッカー協会(Qatar Football Association)の要求は、日を変えて議論する必要があると言って、モハメド・ビン・ハーマンの主張を退けた。

また、今週UEFAのミシェル・プラティニ(Michel Platini)会長によって提案された「Gulf World Cup(湾岸ワールド・カップ)」の機会を切り捨てたことにもなった。

モハメド・ビン・ハーマンは、
「私たちは興味を持っていません。」
「カタールは、単独で、構成できます。」と言った。

さらに、「私たちは非常にうれしく思います。6月、7月に驚くべきワールド・カップを構成すると世界に約束しています。」と言っている。

フランスのプラティニ会長は、2022年のワールド・カップが比較的小さい規模のカタールのため、他の湾岸諸国と共有されるべきであると言った。
FIFAゼップ・ブラッター(Sepp Blatter)会長は50C以上になる夏季の気温のため冬に切り換える願望を述べたが、素ても無視された。

しかし、ブラッターの後継者と言われているモハメド・ビン・ハーマンは、両方がそれほどオープンに潜在的変化を示すことは間違っていると言った。

木曜日に、イランのコーチアフシン・ゴートゥビ(Afshin Ghotbi)は、他の湾岸諸国がカタールと共に共同開催するのを許容するよりコンテストを再開させることが良いと言った。

まだ11年もあるのに、結論は早すぎるのでは???

周囲を完全否定するとは---アラブらしいと言えば???

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト