on-the-time.jp

2011年01月06日

コンピュータ科学者は、デジタル世界をブロンクスの子供達に持って来た。

NSF(National Science Foundation/米国国立科学財団)は、ブロンクスでGreenFabと共に働いているSTEM2GETHERのジョナサン・サンティアゴ(Jonathan Santiago)は、高度な技術的概念を学生に教えるという彼の経験について説明したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「私は、コンピュータを使用するのが非常にいつも上手でしたが、成長して、それらがどのように働いていたかを本当に決して理解していませんでした。」と言っている。

「MIT(Massachusetts Institute of Technologyマサチューセッツ工科大学)で、私の大学生研究を始めたとき、私は、初めて、デスクトップ・コンピュータの中で起こることと他の日常の電子装置の中に起こることとの関係を知ってしました。」

「今、私は、ニューヨーク市の南部ブロンクスセクションで埋め込まれたエレクトロニクス、また、物理的コンピューティングとして、知られているデジタル製作を高校生に教えるのを助けています。」

「米国で最も貧しい議会地区の1つを学校へ行って、NSFによって資金を供給されたGreenFabプログラムに参加する学生は、障害の不足から、全くそれらの学問的な成功を持っていません。」

「これらの挑戦にもかかわらず、私たちは、ちょっと高度な技術的な概念を私たちの学生に教えて、グリーン・テクノロジーと工学のキャリアを追求するために。それらの多くを奮い立たせることができるのを疑問に思っていません。」と言っている。

故サイエンス・フィクション作者アーサー・C.クラーク(Arthur C. Clarke)は一度、「どんな十分高度な技術も魔法から区別がつきません。」と、言ったことがあった。

「それが事実であれば、私は、私のMITでの最初の1年間を私が会った技術者と科学者が魔術師から区別がつかないと感じました。」と言った。

NSFから資金を供給されたニール・ガーシェンフェルド・センター(Neil Gershenfeld's Center)の「ビットとアトム研究グループ(Bits and Atoms research group)」は、進行中であるプロジェクトのいくつかがNMR(nuclear magnetic resonance核磁気共鳴)、量子コンピューティング(quantum computing)、慣性測定装置(inertial measurement devices)、液体コンピュータ(liquid computers)、家庭の物のための新しいインターネット・プロトコル(new internet protocols for household objects)、および世界中の安価のデジタル製作実験室(creation of low-cost digital fabrication laboratories)の創設を含んでいた。

FabLabsと呼ばれる後者のプロジェクトへのかかわり合いは、Sustainable South Bronx、Vision Education、およびメディアを子供に教えて働いくように導いた。

FabLabsは、CBA(Bits and Atoms)グループのセンターから、奉仕活動プロジェクトとして始まり、そして分離した。

彼らには、コンピュータCNC(Numerically Controlled)へ、広範囲のアクセスを発明のための製作設備と他の最新ツールを提供する任務がある。

FabLabsの国際ネットワークは、活動が若者技術情操教育から小規模なハイテクのビジネスの孵化まで及んで、現在は発展している。

ジョナサン・サンティアゴは、理論上の枠組みが学習されるまで実地の仕事を延期して、それらで紹介しているクラスとして、大いなる原則と抽象概念に焦点を合わせた。

FabLabsは、反対のアプローチを取った。

それらが必要になるとき、概念を学びことになる。

FabLabsは、工学を作る機会とリモートにあって、抽象的であるというよりむしろ子供にとって、実地の科学を提供している。

少なくとも、そこで学んだ学生がプログラムを終了するとき、彼らがいろいろなことがどう働いているかという質問から、独立学習技能と好みを取得してしまうだろうことを願っていると言っている。

これは、他の複雑なシステムが都市政治学、開発、インフラストラクチャなどのように、どう動作するかと言う疑問に通じるかもしれないと言っている。

GreenFabは、彼らが同類で、「なぜウエストビレッジより、南部ブロンクスに緑地がより少ないか?」と言う疑問を尋ねるように導くことができたと言っている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。