gaYa広告

2011年01月14日

ビルマが90%の民営化を考えている?

BBC Newsは、ビルマ政府は国の経済管理方法で劇的に変化させることを計画しているかもしれないと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ローカル・ニュースメディアのレポートによると、政府は、今年いっぱいには90%の国営企業を民営化することを計画していると報告していることを紹介した。

最近、何10年間で最初の選挙を開催し、もし政策における大きな転換をマークするなら、これまで北朝鮮と同様にアジアでもっとも厳格に国家支配経済を実施してきたことから、大変革になる。

そこで疑問として、ビルマの経済政策に関する確実な情報は得ることがほとんど不可能な現状で、そのレポートは確かなものかと言うことになる。

悪名高く、秘密主義の政府はめったに西側メディアと話しはしない。

しかし、その文脈の中で最新のレポートは、合理的によく出典を明示されているように見えるといっている。

評判のよいビルマのビジネスニュース雑誌「Biweekly Eleven」は、政府が、この数カ月以内にほとんどの国営企業を個人的な民間の手に販売することを計画していると言ったとして、産業副大臣U Khin Kyawの言葉をを引用した。

観察者は、この劇的な政策の転換に関する主な動機が、経済でなく、政治上であると言った。

つまり、キューバの大転換とは違う。

ビルマは最近、規格を持っていないフェアのそばにある間に、リーダーシップにおける世代交代に通じる20年間で初めての総選挙を開催した。

1つの理論は、民営化プログラムがパワーを出せる一種のゴールデン・パラシュートを提供するということであった。

これは、民営化された資産の大部分が圧倒的な価格で彼らの政府で飼っていた人々、家族、および友人によって取得されることを示した。

オーストラリアのシドニーにあるマクオーリー大学(Macquarie University in Sydney, Australia)のショーン・ターネル経済学教授(Sean Turnell, a professor of economics)は、
「そして、政局に起こることにかかわらず、本当に、それらに関する動機は、確実に彼らの手でこの富の残りを作っています。」と言っている。

実際に、アジアで最も多くを国によって支配された経済の1つであることを自由化することに向かってビルマは既に動き出した。

ガソリンスタンドと港湾施設を含む100以上の国有企業が、ここ12カ月以内に売却された。

中国は近年、ビルマのガス、宝石、および他の天然資源の豊富な輸出のための主な買い手として現れました。

しかし、観察者は、国家主権に関する敏感さでビルマ当局が、中国の会社に民営化された資産の完全な所有権を取得させるだろうということが、ありそうもないと言っている。

しかし、現在のところ、買い手は中国だけである。

いや待てよ!以前多くの西側営業マンがビルマに入って活動していると2010年11月01日に報告していた。

さらに、中国はビルマをアフリカなどへの輸出用廊下にしようと言う考えも報告している。

そして、北朝鮮のようになったら、先行き経済的に大混乱になるとも感じていた。

すでに中国、ベトナムは共産資本主義で、ほぼ成功している。
そして、キューバも大変革を開始している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告