gaYa広告

2011年01月13日

フランス刑務所のヘッド、アリミと少女スキャンダル!

BBC Newsは、フランス人の刑務所チーフが女性は悪名高い反ユダヤ主義のギャング殺人に餌として使用されていると申し立てられて謹慎処分になったと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

検察官は、ベルサイユ女性刑務所(Versailles women's prison/Maison d'arrêt de Versailles)の代表フローラン・ゴンサルベス(Florent Goncalves)がお金と他の商品を収監者に渡すために調査中であると言った。

また、彼女との性的な関係を行うことで、彼は起訴されている。

囚人は、拷問されて、殺されるのを見る罠へイラン・アリミ(Ilan Halimi)を誘い込むように9年間勤めていた。

2006年に17歳で殺されたイラン系フランス人は、未成年者として、通常は、仮称:「エマ(Emma)」か「ヤルダ(Yalda)」としてフランスのメディアで言われてきた。

41歳のゴンサルベスは、収監者がえこひいきについて不平を言った11月に謹慎処分になった。

新聞Le Parisienに、事件に近い情報筋はえこひいきがたぶん有利な刑務所の仕事に関連したと言っている。
そして、他の収監者は所長と囚人の申し立てられた性的な関係を意識していなかった。

内部調査は着手され、囚人が所長と36歳の護衛の両方から、小包、お金、電話、およびシムカードを入手し、それが発見されたと、新聞は言い足している。

検察官ミシェル・デスプラン(Michel Desplan)は、「裁判官は、ゴンサルベスが彼の職業として、刑務所に入るのさえ禁じました。」と言った。

Le Parisienの情報筋は、ゴンサルベス、無名の護衛、および囚人は、今週のベルサイユでの調査中ですべて置かれ、そして、すべてが白状したと言ってる。

情報筋は、「所長は、恋に落ちたと説明した。」と言い足した。

これらの一連の事件は、2009年12月から2010年10月の間に起こったと言われている。

また、シムカードを囚人に供給するので、起訴された護衛は、収監者自身が隠すことで起訴されている間の仕事が停止された。

2009年のイラン・アリミの誘拐者は、バーバリアン(Barbarians)と呼ばれるギャングで、彼女は有罪を宣告された。

鉄道線路で死んでいるのが見つけられる前に、23歳の電話セールスマンは3週間以上ギャングによって拉致された。
彼は、裸で木に手錠をかけられて、ひどく火傷していた。

裕福であると思ったので、ユダヤ人を狙ったギャングのリーダーであるヨソフ・ファファナ(Youssouf Fofana)は最低22年間投獄される。

ギャングが断罪されたとき、いらいらさせる要素は反ユダヤ主義に挙げられた。
そして、この件はフランス・ユダヤ人社会の中で恐怖に火を焚きつけた。

アリミはエルサレムに埋葬されましたと報告している。

刑務所という閉ざされた、陰湿で小説のような不思議な事件である。

女性刑務所の所長と囚人の恋と言うことで、フランス中が、このスキャンダルで大騒ぎになっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。