2011年01月13日

「ナチ」調査は、世界中で増えている!

BBC Newsは、SWC(Simon Wiesenthal Center/サイモン・ヴィーゼンタール・センター)によるレポートによると、ナチの戦争犯罪人への進行中の調査の数は昨年増加したと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

世界中で行われる手居る調査は、2008年09月までの1年間で706であったが、2009年4月から2010年3月までの1年間で852の調査があったと書いている。

また、SWCは、元ナチスを起訴するための努力で、A-グレードをドイツに与えた。

米国以外で、A-グレードを与えたのは、これが初めてであった。

2007年08月には608があったことから、連続2年の拡大であった。

調査するSWCのエルサレム支部代表で、SWCの年次報告作者のエフラム・ズロフ(Efraim Zuroff)によると、第2次世界大戦でのナチ犯罪で2つの事件をイギリスで調査していたが、ロンドン警視庁はまだこれを確認していないと言っている。

また彼は、SWCがそれが明るみに出るより多くのケースに通じたドイツの進行中のケースで、情報を集めた方法を変えたと言った。

オーストリア国の中で暮らす数人を攻撃する容疑にもかかわらず、30年間以上ケースを調査して来ていないので、オーストリアにはナチ起訴に関する「恐ろしい記録」があったと言っている。

これらで最も注目に値するのは、数百人を強制送還するので、彼らの死を与えたとして起訴された、元Croatian警察幹部ミリボイ・アスナー(Milivoj Asner)であった。

クロアチアから請求されて、オーストリアは、彼を引き渡すことを拒否した。

この最新のドキュメントは、調査の失敗グレードをノルウェー、スウェーデン、シリア、オーストラリア、カナダ、エストニア、ハンガリー、リトアニア、およびウクライナの9カ国に与えた。

また、レポートはSWCによって定義されたトップ10の最重要指名手配ナチスのアップデートされたリストを含んでいた。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。