gaYa広告

2011年01月08日

スーダンの離散に関する考えを共有する芸術家。

BBC Newsは、南スーダンの何百万人もの人々が、国民投票で独立する投票を準備していると報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

日曜日に始まる投票で、南部がより開発されて、未来が明るいと信じているアラビア語を話す人達が北部から南部に逃げることが起こりそうだと言っている。

多くのメディアの関心は、南部に焦点を合わせていたが、離散の問題は北部で起こった2010年の内戦で巨大な感情的な共鳴をした。

BBC Newsのジェームズ・コップナル(James Copnall)は、スーダンで最も有名な芸術家のひとりラシード・ディアブ(Rashid Diab)を訪ねた。

数10年前に、砂漠に住む子供が描いた絵を初めて見たとき、空も土も、家もすべて薄い茶色で描いた絵を見たとき、びっくりしたが、砂漠に行って、その子供が正直に描いたと思ったことがある。

ラシード・ディアブの絵にも、それを感じた。

このような歴史的時間をアーティストはどう感じるのか、非常に興味深い。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。