on-the-time.jp

2011年01月08日

トルコでポルノ論文により、大学生3人が退学!

BBCNewsは、トルコのトップクラスの大学で、ビジュアル・デザイン科(Visual design)学生が論文プロジェクトのために、ポルノ映画を製作した後に大学を退学させられたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イスタンブールのビルギ大学(Bilgi University in Istanbul)は、映画部を閉鎖した。

警察は可能な刑事責任を調べている。

事件は伝統的な価値体系と、時々実験している芸術と、イスタンブールで練習されたライフスタイルでの衝突に注意を向けた。

映画を製作した学生デニス・オズグン(Deniz Özgün)は、最初に論文プロジェクトのために彼の考えを彼の教授でビジュアル・デザイン科創設者イサム・ダーマン(İhsan Derman)に持ち出したとき、アリ・パクセン(Ali Pekşen)とアーメット・アティフ・アキン(Ahmet Atıf Akın)はためらっていた。

ポルノ映画を作りたがっていた。
しかし、彼はまた、それの性的な場面でどれくらい合成していたかを明らかにするために訴えた。

彼らは、そのプロジェクトが、より強い知的なポイントを指摘することが必要だったと彼に言った。
明らかに、彼は成功しなかった。
彼の映画は、失敗作であるとマークされた。

いずれもセンセーションを巻き起こさなかった。
しかし、その後にオズグンはニュース雑誌に、彼のプロジェクトでキャンパスで騒ぎが引き起こされ、どう映画を作ったかを説明するために、インタビューに応じた。

両親は、息子が進んだトルコで最も名門の私立大学のことを知りたがっていた。

トルコのテレビ局NTVのホストであるミルグン・カバス(Mirgün Cabbas)が番組「Her Şey(ヘイセイ/Everything)」でディスカッションを始めた。

そして、教育省が、何人かの学生が行動したことで、大学へ圧力を加えた。

3人の大学生退学と共に、全体のCommunications Facultyは止められた。

彼ら3人を受け入れる大学は、トルコ以外にあるだろう。

これらのニュースに関しては、トルコの英語版ニュースObianetが非常に詳しく紹介している。

イスタンブールのビルギ大学(Bilgi University in Istanbul)のGoogle Earthポインター情報
41° 4'18.90"N,28°59'29.77"E
または、
41.071917, 28.991603

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告