gaYa広告

2011年01月01日

ブラジル初の女性大統領ジルマ・ルセフが就任した。

AFPは2011年01月02日に、ブラジル初の女性元首としてジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領(63)が就任し、ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ(Luiz Inacio Lula da Silva)前大統領の政策を引き継ぎ、「すべての人のための政治」を行うと誓ったと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ前政権で官房長官を務めたジルマ・ルセフ新大統領は2011年01月01日に、就任式が行われた大統領官邸のバルコニーから、大統領として初の演説を行い、「最も弱い人びとを支え、すべてのブラジル国民のための政治を行う」と述べた。

首都ブラジリア(Brasilia)で行われた就任パレードには、雨天の中、約7万人が沿道に詰めかけた。
途中、雨があがると1952年型ロールスロイス(Rolls-Royce)のオープンカーの屋根が下ろされ、白いスーツを着たルセフ大統領が後部座席から沿道の人びとに手を振って応えた。

議会での就任演説でも、ルラ前大統領を「偉大な人物」と称えながら、貧困撲滅と経済発展の推進というルラ路線を受け継ぐ考えを再度強調し、「極度の貧困を撲滅する闘いに断固として臨む。わが国はもっと公正な発展国になれるはずだ」と語った。

さらに税制改革や環境保護、医療サービス、地域開発などに関する計画の概要を披露するとともに、ブラジル経済を転覆させかねない外国からの「投機」と闘う姿勢を示したと報告している。

ブラジルの経済は2010年に7.6%成長し、最近になって石油資源が存在することも分かり、石油輸出国の一角に加わる可能性も見えている。

2014年のサッカー・ワールドカップ(W杯)、2016年の五輪開催も決まり、国際的な存在感も増している。

一方でその経済には影も迫っている。
インフレ率は政府の抑制目標を超える5.9%に達したと推定され、さらに上昇を続けるとみられている。
2011年の成長率は4.5%に減速すると予測されている。

公的債務を大幅に削減するという目標は、質・量ともにインフラが不足している現状では、各方面から抵抗を受けるのは必至といわれている。

またルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ前政権下の8年間に進行したレアル高は今後も続き、ブラジルの輸出競争力の足かせとなるとみられていると分析している。

首都ブラジリア(Brasilia)のGoogle Earthポインター情報
15°47'58.76"S,47°51'51.17"W
または、
-15.799656, -47.864214

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告