2011-01-01

アーカンソー州の花火は、何千羽もの野鳥を殺した?!

BBC Newsは2011年01月04日に、大晦日から新年にアーカンソー州で打ち上げられた花火は、何千羽もの鳥が空から落下したかのしれないと、米国の科学者は指摘していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

AGFC(Arkansas Game and Fish Commission/アーカンソー州狩猟と魚釣り委員会)のカレン・ロー(Karen Rowe)は、赤の翼をしたクロウタドリ(the red-winged blackbirds)が爆発を避けるためにたぶん低く飛んで、物と衝突したと言った。

しかし、彼女は、死んだ鳥の追加試験が計画されていると言って、解決された神秘を宣言するまでには至らなかった。

職員は、3,000羽以上の鳥がビビの都市の上で低下したと言った。

目撃者は、秋を乗り切ったわずかしかの彼らが、酔っている道楽者のようにうろつかなかったと言った。

カウンティーの野生生物役員ロビー・キング(Robby King)は、鳥は「いたる所を通り、ヤード、ドライブウェイを散らかす。」と言っている。

AGFCは、初期の実験報告で、鳥がトラウマで死んだと書かれていたと言った。
居住者は、鳥が空から雨が降り始めるすぐ前に、やかましい花火を聞いたとと報告した。

AGFCスポークスマンのキース・スティーブンズ(Keith Stephens)は、
「お互いに飛び込んで、彼らは気が狂い始めました。」と言っている。

また、鳥は家、車、木、および他の物にぶつかり、或るものは強く地面に墜落したかもしれない。

鳥類学者カレン・ローは、爆発を避けるため、
「クロウタドリは梢の高さではなく、屋根の高さで飛ぶ予定でした。」
「クロウタドリは視力が弱いです。そして、ものと衝突し始めました。」

ビビ警察幹部主任(Beebe police chief Capt)エディ・カラム(Eddie Cullum)は、鳥が低下するのを見た居住者から呼び出しが殺到したと言った。

彼は、死んでいる鳥を食べた数匹の猫と犬が、健康への影響がなかったとき、中毒は除外されました、と言い足した。

しかし、別の理論では、激しい雷雨がクロウタドリの止まり木を混乱させたかもしれないということであった。

竜巻が2010年12月31日にアーカンソーと隣接している州を貫いて、7人が死亡した。

市当局は、死んだ鳥を庭と屋根から集めて、それらを取り除くために専門家廃棄物処理会社を雇った。

まさに、バッカス(Bacchus)と、バッカスの巫女バカンテ(Bucchante)、バッカスの従徒で、酔って森の中を駆け回るバカナーレ(Bacchanale)がバッカスの舞踏会バカナール(Bacchanal)で、馬鹿騒ぎであるバカント(Baccant)で野鳥をパニックにして殺したのかもしれない。

そう言えば、バッカスには男根という意味があり、バッカスの巫女バカンテは女性のバギナと言うことになり、バカナーレは愛撫と言うことにもなる。

つまりは、新年に相応しい酒池肉林の大騒ぎをしたと言うことだろう。

米国では、邪教のバッカスの方が、キリスト教より向いているのかもしれない。

アーカンソーと言えば、ビル・クリントンの地元で、ノーマン・メイラー(Norman Mailer/1923 - 2007)の妻ノリス・チャーチ・メイラー(Norris Church Mailer)が自分の伝記で、クリントンが大統領であったとき、彼女の政治家の友人に、「私は、彼があなた以外のアーカンソーのすべての女性と共に眠たと推測します。」
「すみません。」
「残念ながら、彼は私たち皆を、得ました。」と言っている。

やっぱり、酒池肉林の大騒ぎが好きな地域であった。

ビビ(Beebe, Arkansas)のGoogle Earthポインター情報
35° 4'14.31"N,91°52'46.51"W
または、
35.070642, -91.879586

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE