2010-12-31

ビリー・ザ・キッドは、130年後に許されるのか?

BBC Newsは、辞職しているニューメキシコ知事ビル・リチャードソン(New Mexico governor, Bill Richardson)は、陳情が悪名高い辺境地帯無法者の許しを承諾すると考えていると報告した。

ライブBBC Radio5でドートン・アデバヨ(Dotun Adebayo)と話した運動家ランディ・マギン(Randi McGinn)は、歴史が、書き直す必要であると説明した。

マギンは、Up All Nightプログラムで、「ビリー・ザ・キッド(Billy The Kid/1859 - 1881)は、長年国際的に人々の心を奪っています。」と言っている。

ビリー・ザ・キッド(Billy The Kid/1859 - 1881)は、ヘンリー・アントリムとウィリアム・ハリソン・ボニー(William Harrison Bonney)または、ヘンリー・マッカーティ(Henry Antrim)と言い、21人を殺したと言われているが、それは毎年人を殺していたと言う噂からで、実際はたぶん9人で、4人は本当に殺し、5人は人を助けるために殺したとも言われている。

また、忘れていけないのは保安官のパット・ギャレット(Pat Garrett/1850-1908)だろう。

青い目で、スベスベした頬、および際立った出っ歯であった米国の無法者は、英雄になるのか?

有名なら、何人無法に殺しても許されるのか?

テキサスの英雄にして、観光客が呼びたいだけでないのか?