2010-12-29

Skypeは、供給停止の謝罪として、バウチャーを提供。

MacObserverは、スカイプ(Skype)は2010年12月29日に水曜日に、彼らのVoIPサービスなしで多くの人々を置き去りにした最近のスカイプ供給停止を謝罪する方法としてバウチャー(小切手)を顧客に提供したと報告した。

顧客に送られ、Mac Observerが入手した手紙では、会社は謝罪して、30分間の無料電話のためにコードを提供した。

それは、最高経営責任者のトニー・ベイツ(Tony Bates)によってサインされ、
「We know how important your Skype conversations are to you and we take any disruption to our service very seriously, We are pleased to confirm that Skype is back to normal allowing you to connect with friends, co-workers, family and loved ones.(私たちは、あなたにとってスカイプの会話がどれくらい重要であるかを知っています。そして、非常に真剣に私たちのサービスのすべての分裂も受け止めます。あなたが友人、仕事仲間、家族、および親類に接できる標準としてスカイプがあると確認します。)」

2010年12月22日に、スカイプは何人かの顧客以上のために数時間落ちた。

バウチャーを提供することに加えて、スカイプはサービスがどのように落ちたか、そして、会社が将来そのような供給停止を防ぐために何をするかに関する詳細な説明を掲示したと報告している。

Related Dates