2010-12-31

トルコの大学で、ヘッドスカーフ禁止令が撤回された。

ファッション宗教

BBC Newsは、何百万人ものトルコの女性の少なくとも60%が帽子をかぶると言われている。

今回初めて、トルコ中のほとんどすべての大学が、女性のヘッドスカーフを禁止する公式のルールをやめた。

政府が9月に、帽子をかぶったために追放されるか、または訓練されたすべての学生も支持すると言う声明を出したとき、禁止令は終わったと報告した。

イスラム教のヘッドスカーフはシンボルになって、シンボルは仕事と教育から女性を締め出し、2年前に政府を破滅させる近くにまで運動が起こった。

Yaseminは初めて、女性の髪を覆うために大きい帽子かかつらをかぶることなしで、今、Yildiz工業大学(Yildiz Technical University)における彼女のクラスに行くことができる。

ファッションの国フランスは、ヘッドスカーフ禁止令をまだ継続している。
ファッションは、自由であるべきと言える。

裸や極端な猥褻な服装でなければ、自由が良い!

ヘッドスカーフ禁止令は、泥沼にはまった。

しかし、トルコのヘッドスカーフ禁止令は、男性が伝統的なオスマン帝国の衣服を着るのを禁じる法案を可決した現在のトルコの創設者ムスタファ・ケマル・アタチュルク(Mustafa Kemal Ataturk)の発案ではなかった。

より最近の禁止令は、最後の軍事クーデターの後に1980年代の政府の各省によって通過させた規則までさかのぼる。

左翼グループが厳しく抑圧されている状態で、公然と世俗的な軍からの反応をうながして、イスラム教の党はトルコの選挙民が続いた選挙で強く増大した。

軍が1998年に、イスラム教の首相を追い出した後に、大学禁止令は適切に励行されただけであった。

規則が考えていたことは、アナトリアで首の周りで農民の女性によって結ばれた伝統的なスカーフではなく、また、トルコのターバンと呼ばれ、1980年代以来増加している数の都市、そして教育を授けられた女性によって着られた、敬虔であるか政治上のイスラム教のシンボルになったヒジャーブ(hijab)であった。

彼女らが適所でしっかり巻き上げされたヒジャーブをつかむピンを取り出すなら、それは軍事建築物がヘッドスカーフの女性を許容する理由になった。彼女らはレセプションに特別なピン箱を持っていた。

Recep タイエップ・エルドアン首相の妻エミネ・エルドアン(Emine Erdogan, the wife of Prime Minister Recep Tayyip Erdogan)は、2007年に彼女のものを取り除くことを拒否するために陸軍病院に入ることが妨げられた。

エルドアンは、2008年に教育権を保証する憲法修正を通して大学禁止令をひっくり返そうとした。

それは、議会を通過したが、Constitutional法廷によって放り出された。

しかし、今年9月の、憲法を巡る国民投票を得た後の勢いと、教育省でより対応することの官僚と共に、事実上、政府は、こっそりで禁止令を終わらせた。

Constitutional法廷は、国民投票に続いて、どのような場合でも再構築され、これから、それほど大胆に政権与党により挑戦しそうにはなかった。

以前、大学禁止令の有力な支援者であった主要野党、世俗的なCHPは、否定したい政府と終わりを交渉したが、機会を否定された。

しかし、党は、ヘッドスカーフを着ている公務員への禁止令を維持すると誓った。

党の副事務総長であるフルシット・グネス(Hursit Gunes)は、
「裁判官は、私たちがヘッドスカーフを許さない理由が、宗教のシンボルであるということであると言います。」 「すべての宗教に公平であるべきである。 」と言っている。

まだ、キャンパスでヘッドスカーフの見通しで驚くアカデミー会員がいた。
Yildiz工業大学の生物学教授ネズン・ゴーレン(Nezhun Goren)は、
「大学は、自由に科学と科学思想について議論できる場所であるべきです。」
「宗教信仰について議論しないで、それを受け入れるか、または拒絶しています。」と言っている。

多くの世俗的なトルコの中で、ヘッドスカーフへの抵抗は何かより深いものによって動かされるように思える。
それは、着用者に象徴するイスラム教への厳しい固守が、結局厳密に世俗的なシステムの下でトルコ社会で、近代化に逆行するという信念がそこにはあった。

トルコには、ヘッドスカーフ一つで、これだけ大きな問題になる歴史がある。

しかし、教育と宗教を混乱させているのは、世界中に存在する。
東京大学は、基本的に神徒である。
ヨーロッパの大学には、必ず宗教学があり、そこへの外国人入学は優先させれれる。

不思議だが、真実である。
宗教と政治の分離も、現実は不可能である。

エキセントリックに実施しようとすると、大混乱になり、政治まで崩壊しかねない。