2010-12-30

Apple社が、ダブルクリック特許違反で訴えられた?!

MacObserverは、ユーザー・インタフェース・エレメントをダブルクリックして、次に、新しいユーザー・インタフェース・エレメントと対話するというダブルクリックで引き起こされた考えをカバーする特許に違反したとして、アップル(Apple)社のiPadと iPhoneを指名して、同時に数社を起訴する新しい訴訟が起こされたと報告した。

アップル社以外では、Adobe、HTC、LG、Mobilcomm、モトローラ(Motorola)、ノキア(Nokia)、Opera、パーム(Palm)、Quickoffice、サムソン(Samsung/三星)であった。

特許のタイトルは「Double-Clicking a Point-and-Click User Interface Apparatus to Enable a New Interaction with Content represented by an Active Visual Display Element,」とあり、2002年にActifyによって申請され、2007年に与えられた。
現在はその特許を、ホープウェル・カルチャー・アンド・デザイン(Hopewell Culture and Design)によって所有されている。

しかし、マッキントッシュを売り出すために、クリックして、ダブルクリックするという考えを平易にして、最初に紹介された18年後の 2007年に、2002年にファイルされたダブルクリックの考えのために特許を与えた。


AppleInsiderによれば、ダブルクリックが長い間、すでに多くで存在していると容易に認めていたが、Actifyの特許出願は、例としてマイクロソフトWindowsを使用して、ファイルを開いたか、またはおそらくアプリケーションを実行していたことを規定している。

Actifyが特許をとった目新しい考えは、ディスプレイのときに別のオプションを引き上げるために、ダブルクリックして、次に、そのオプションとインタラクティブするという考えであったと説明している。

Patent number: 7171625
Filing date: Jun 18, 2002
Issue date: Jan 30, 2007
Application number: 10/174,782

米国は、大金を稼ぐと、必ずこういう訴えが起こり、無駄な労力を求める。