2010-12-31

2011年の科学ニュース・プレビュー

BBC Newsは、2010年は合成の生物から最初の小惑星から地球に返されたほこりまで、研究における多くの驚くべき進歩を見た。ここで、BBC Newsは科学の部門のいくつかを予測した。
そして、宇宙探検大ニュースは2011年になるかもしれないと報告した。

ANOTHER EARTH(もう一つの地球)
2010年に天文学者は、合計500以上にもたらしながら、100以上の太陽系を超えた惑星から、新しい候補太陽系外惑星(new candidate exoplanets)を報告した。

これらの大部分は、既存のテクニックを使用することで、最も検出しやすいいわゆる熱い木星、親星の近くで軌道に乗る巨大なガス惑星であった。

しかし、研究者は着実により地球のサイズと温度でような太陽系外惑星に迫っている。
最も小さい太陽系外惑星は「コロー-7b(Corot-7b)」で、それは地球の2倍ほど直径であった。
しかし、表面温度は約1,000Cであると予測され、どんな生物も熱過ぎて住めない。

米国チームは2010年9月に発見した「グリーゼ581g惑星(Gliese 581g)」が、約20光年離れたところに星の周囲を軌道を描いて回っていると発表した。

RISE OF THE PRIVATEERS(民間宇宙旅行の上昇)

NASA(米国宇宙局)は2011年に、最後のスペースシャトル飛行に着手する。
しかし、民間が作り上げた宇宙船が最初の飛行をするとき、別のものが、明けていた。

Virgin GalacticのpaceShipTwoは、2011年に初めて、宇宙に打ち上げることになっている。
数社はISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)の商業再供給にかかわり始めている。
2011年に、ヴァージニア州のOrbital Sciencesによって組立てられたTaurus IIロケットは、最初の飛行をする。
Dream Chaserと呼ばれる宇宙船も開発されている。
Dream Chaserは地球の軌道に6〜8人を運ぶことができた。

RACE FOR THE HIGGS(ヒッグズのためのレース)
2010が終わりに近づいたとき、Cern(European Organization for Nuclear Research/欧州物理学研究機関)は、2011年の終わりに現在計画されているLHCの閉鎖を遅らせるかもしれないと発表した。

閉鎖を1年2012年の終わりまで遅れさせると、固まりの特性に原因となる粒子ヒッグズ粒子のサイン(signs of the Higgs boson)を探す広大な粒子粉砕者延長時間は与えられる。

また、イリノイ州バタビア(Batavia, Illinois)のフェルミラボ(Fermilab/US Fermi National Accelerator Laboratory/米国フェルミ国立加速研究所)で地下ベースにあるテバトロン・アクセラレータ(Tevatron accelerator)で、とらえどころのないボソン粒子(elusive boson particle)を探すために走行を広げるかもしれない。

2011年にLHCは、素粒子物理学のこれまで未踏のドメインを調べるほど敏感になる。

科学者は「超対称性(supersymmetry)」と余次元(extra dimensions.)に関する証拠を探す。

QUANTUM COMPUTING(量子コンピューティング)
量子力学として知られている物理学の部門で"spookiness"のいくつかをハイジャックする量子コンピュータは、伝統的なエレクトロニクスの周りに基づくどんなマシンより、はるかに速く問題を解決できる。

研究者は、サブ原子の粒子が「もつれた状態」でデリケートに、想像を絶する複雑さでコンピューティングをするために、解決できなく、それが繋がる方法を利用することを目指している。

その努力の一部が、抑制できる量「量子ビット(ユニットの量子情報)」の数をひとつずつ増やしながら、やって来ている。
今年は、3量子ビットが伝統的なエレクトロニクスで見つけられた。
また、研究者は光の基本的なパケットで、10個の光子をもつれさせることができた。

この両方の結果は、「実験ツアー・デ・フォース(experimental tours de force)」と見なされた。

DESTINATION MARS(火星の目的地)
NASAの双子の探査車「Spirit」と「Opportunity」は、火星で7年目を迎えた。
そして、それらがCuriosityと愛称で呼ばれた別のローミング・ロボットと接合されるまで、それは長くかかるはずがない。
2011年後半にNASAは、火星科学研究所(Mars Science Laboratory)の任務として、2012年夏に火星の表面にCuriosity探査車を着陸させる予定になっている。