2010年12月23日

ノルウェーの新聞は、すでに25万の無検閲米国外交文書を持っている。

YumaSun.comは、ノルウェーの新聞「Aftenposten」は、WikiLeaksが配布している25万の無検閲米国外交文書の全体の貴重な発見を得たと言っていると報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この発表は木曜日にAftenpostenを最初の報道機関にするように、WikiLeaksの5人のパートナーから資料を得たと書いている。
確実に、いくつかの無検閲の外交ケーブルを公衆にリリースすると、米国政府の恐怖を高め、通報者を危険にさらすかもしれないと書いている。

今までのところ、WikiLeaksが持っていると主張する25万通以上の国務省ドキュメントのうち約1,900をリリースした。
それらの多くは、ドキュメントのために外国と彼らのリーダーの批判的であるか恥ずかしい米国の評価を含むことであった。

また、ドキュメントはニューヨークタイムズ( New York Times)、フランスのルモンド(Le Monde)、イギリスのガーディアン(Guardian)、およびドイツ人の雑誌シュピーゲル(Der Spiegel.)によって発表されている。

Aftenpostenの編集長オレ・エリック・アルムリド(Ole Erik Almlid)は、どう材料を使用するかに関する制限が全くないと言って、オンラインと印刷版で米国ドキュメントに関して記事を発表することが予測されている。

また、AftenpostenはWebサイトでいくつかの正本の部分を投稿する。
必要であるなら、名前などの機密情報を隠すと、オレ・エリック・アルムリドはAP通信に話している。

オレ・エリック・アルムリドは、「私たちはそれのために制限なしで何も支払うことなしでこれらのドキュメントを…受け取りました。」と言っている。
どのようにして入手したかについては、「私たちはソースを決して明らかにしません。」
と断っている。

しかし、どのように発表しても制限が無く、お金も支払っていないと言うことは、確実に米国の嫌がらせに対する挑戦とも言える。

最初の発表で、各メディアは確実に大きな利益を得ている。

米国にとっては、最悪の対応と言える。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告