gaYa広告

2010年12月23日

ノルウェーの新聞は、すでに25万の無検閲米国外交文書を持っている。

YumaSun.comは、ノルウェーの新聞「Aftenposten」は、WikiLeaksが配布している25万の無検閲米国外交文書の全体の貴重な発見を得たと言っていると報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この発表は木曜日にAftenpostenを最初の報道機関にするように、WikiLeaksの5人のパートナーから資料を得たと書いている。
確実に、いくつかの無検閲の外交ケーブルを公衆にリリースすると、米国政府の恐怖を高め、通報者を危険にさらすかもしれないと書いている。

今までのところ、WikiLeaksが持っていると主張する25万通以上の国務省ドキュメントのうち約1,900をリリースした。
それらの多くは、ドキュメントのために外国と彼らのリーダーの批判的であるか恥ずかしい米国の評価を含むことであった。

また、ドキュメントはニューヨークタイムズ( New York Times)、フランスのルモンド(Le Monde)、イギリスのガーディアン(Guardian)、およびドイツ人の雑誌シュピーゲル(Der Spiegel.)によって発表されている。

Aftenpostenの編集長オレ・エリック・アルムリド(Ole Erik Almlid)は、どう材料を使用するかに関する制限が全くないと言って、オンラインと印刷版で米国ドキュメントに関して記事を発表することが予測されている。

また、AftenpostenはWebサイトでいくつかの正本の部分を投稿する。
必要であるなら、名前などの機密情報を隠すと、オレ・エリック・アルムリドはAP通信に話している。

オレ・エリック・アルムリドは、「私たちはそれのために制限なしで何も支払うことなしでこれらのドキュメントを…受け取りました。」と言っている。
どのようにして入手したかについては、「私たちはソースを決して明らかにしません。」
と断っている。

しかし、どのように発表しても制限が無く、お金も支払っていないと言うことは、確実に米国の嫌がらせに対する挑戦とも言える。

最初の発表で、各メディアは確実に大きな利益を得ている。

米国にとっては、最悪の対応と言える。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告