AD SPACE

2010-12-23

ホリデー・シーズンのショッピングに使用されたスマートフォン。

Cellular-Newsは、Q&A Researchとマーケティング調査会社Thomas/Ferrousが多くのアメリカ人の消費者が、現在、彼らの買い物の行動でスマートフォンの使用を統合していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

424人の大人達の国家のサンプル調査では、そのレポートが前年の28%から43%にスマートフォンをかなり所有していることを示している。

このうち、47%のスマートフォン所有者は、製品かサービスを購入するのに彼らのスマートフォンを使用した。

2010年のホリデー・シーズンのショッピングに、スマートフォン所有者の1/3は、モバイル・アプリケーションかモバイルWebサイトを使用することで仕入れると予期している。

男性のスマートフォン所有者は、女性の所有者の2倍おそらくそうする。

今年のホリデーシーズンにモバイル・アプリケーションかモバイルウWebサイトを使用することで仕入れるつもりであるスマートフォン所有者の主な理由は、
* 69%は、どんな位置からも購入できるのが好き。
* 43%は、スマートフォンを使用することで、コンピュータと同じくらい仕入れやすいと感じていた。
* 40%は、いつもコンピュータに近づく手段を持っているというわけではなかった。

逆に、今年のホリデーシーズンにモバイル・アプリケーションかモバイルWebサイトを使用することで仕入れないつもりであるスマートフォン所有者の主な理由は、
* 77%は、スマートフォンを使用することで、コンピュータと同じくらい仕入れやすくないと感じていた。
* 34%は、電話を通して購買をするのが安全であると信じていない。
* 19%は、それらのスマートフォンの上に買い物をするのに、データプランに影響を与えて欲しくなかった。

サクラメントにあるThomas/Ferrousの社長ジョイ・トーマス(Jay Thomas)は、
「スマートフォン購入で確実に今年のホリデー・シーズンのショッピングに影響を与えるでしょう。」
「それの準備ができないマーケターは、2011年のために現在、反応して、戦略を実行しなければなりません。」と言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.