2010-12-23

「白」のアート!

ドイツのアート雑誌「ART」は、クリスマスと言うことでスーザン・ストロ(Susanne Stroh)は、ホワイトクリスマス、サンタクロースの白い髭、雪で覆われた車など、この時期は歴史的にアートの世界でも「白」に関することが多く取り上げられているということで、エッセイ「Die Liebe zur Weissheit(白に対する愛)」を公開した。

雪が光のように知っていて、天国で雲のように知っているように、「白」についてすべてを知っているような気になっているが、しかし、それは現実として、具体的ではないと言っている。

ドアの外に積もった雪をかき分けるとき、実に不愉快な気分にさせられ、白に対する感傷的な気分はどこかに行ってしまう。

多分不可解な白いトンネルの向こうに見える光、または、また、サンタクロースの白いあごひげのようにmなに過幻想的なようで、白は、色に特別な位置を与えている。

そして、白はもっとも軽い色として扱われている。

石膏、石灰岩、磁器または大理石のような多くの白い原料として使用されてきた。

象徴的に中世では、すでに白に例えば美しさと純度を表した。

また、ルネッサンスのアーティストサンドロボッティチェリ(Sandro Botticelli/1445 - 1510)は、「6人の歌う天使と一緒のマドンナ」を選び、それの絵のための背景-構造として白を選んでいる。

しばしば、白い衣装の天使を表し、その起源の選び出しは、立派で純粋な自然から、キリスト、子供を白で描いている。

人は、多くの白をテーマにした絵を描き、本を書き記している。

それは、文化史がバーバラ・オーテル(Barbara Oettl)の本「Weiss(白)」で、凝縮している。

そう言えば、日本でも開高健が「白いページ」を残している。

私の恩師である勝見勝は、この開高健が「白いページ」を読みながら、途中で昇天していった。
それを馬鹿な一人の弟子が、くだらない誤解を招くような言葉で読売新聞の電話取材でに伝え、読売新聞は馬鹿な記事を書いて、死亡情報を書いた。

結果は、自然死だった。