2010年12月23日

スティーブ・ジョブスはBusiness Comeback Masterです。

MacObserverは、フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙からの情報として、アップル(Apple)とその最高経営責任者スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)は科学技術のゲームの上にいたかもしれないが、成功がまさに確実でなかった時があった。

ジョブスが調整した再起は、まさに「近代ビジネス史で最も顕著な復活(the most remarkable comeback in modern business history.)」と書いていることを報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジョブスは、1970年代にアップルを始めたが、数年後に会社から追い出された。

彼が不在の間、アップルは、なまぬるい激しい抵抗に伴う製品発売をとちりながら、やり通して、結局、アナリストと競争相手が身動きがとれないとして、Macメーカーをすぐに書く準備ができていたポイントに達した。

アップルがスティーブ・ジョブスの追跡会社NeXTを買ったとき、会社の未来は、変化し始めた。

また、NeXTの買収は、Mac OS Xの基礎と共に、アップルの経路に影響を及ぼすことができた地位へジョブスを連れて来た。

ジョブスがすぐiCEOのタイトルを得て、次に、後の最高経営責任者はiMacとiPodの導入へ移行している。
MacへのIntelプロセッサ、iPhoneを与えて、iPadもごく最近にわれわれに与えた。

ジョブスは、彼のヒット商品のストリングをもって、またiTunesストアとiPodと共に音楽産業を変えて、スマートフォン産業を再定義して、タブレット・コンピュータ市場を変えた。

シリコンバレーの金融家ロジャー・マクナミー(Roger McNamee)は、
「スティーブは、最後の偉大なビルダー。(Steve's the last of the great builders)」
「彼を異なるようにすることは、どこからともなくアメリカのほとんどすべての他の最高経営責任者がコストと俗人を解雇する方法を考え出している間、彼が仕事と経済活動を作成しているということです。」
と言っている。

他の科学技術の会社は別として、そのビルダー精神はアップル、およびジョブスを設定した。

かつてだめになっていたコンピュータ・メーカーは、現在産業の残りのためのペースを設定し、そして、今までのところ、維持するのに押されて、競争は困難になってきていると報告した。

そして、ジョブス自身は、米国現代医学の最先端事例として、生き続けている。
それは、神の領域をも駆逐したかもしれない。

そして、多くのメディアはすでに、ジョブスの死を設定し、準備している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。