gaYa広告

2010年12月23日

フランス猟師の猪宣戦布告は、新しいソーシャル現象!

BBC Newsは、フランス人の農業者と林学専門家は、どうやら雌の動物の中で増加する肥沃にリンクされた、猪の数の劇的な上昇について説明するために途方に暮れていると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

2009年の冬にフランス国中の猟師は、30年前より10倍多く撃って、記録的な56万頭の雄の野生豚(猪)を殺した。
しかし、野生豚(猪)の数は容易にそれ自体を減らさないで、現在、100万頭以上が野生で生息している。

問題は、野生化した動物が作物と牧草地への厳しい損害をもたらすということだけではなかった。

奴らは人間が居住している領域を浸し始めている。
つまり、モバイル時代に、雑食性で、融通がきいて、非常に行動的なモバイル猪は近年ますます町の通りと庭で見つけられている。

奴らはフランス国内で2009年に、およそ2万1,000の交通事故原因となった。

ドイツとイタリアを含む近隣国も、同様の問題を報告した。
現在、猪数を抑えるのは、猟師次第になってしまった。

それらの数を制限するために、フランス政府は、最近、National Wild Boar Control Planを制定した。

この計画は、一年中、田舎と同様に昼間の郊外のゾーンで夜間の雄豚の狩りを認可した。

以前は、雄豚を探すのは他のハンティング・ゲームのように季節が限定されていた。

東フランスのアルザス州に住むスポーツ・ジャーナリストであるフィリップ・イェーガー(Philippe Jaeger)は、
「立法上のツールがそこにすべてあります。」
「現在、猪数を抑えることができるのは、ハンター次第です。」と言っている。

ジャーナリストのフィリップ・イェーガーは、
「ハンターが適切に訓練されて、有効に撃つなら、雄豚数を抑えることにおける苦労が全くありません。」
「問題は、あまりに多くのハンターが、この時期に仕事する方法を知らないということです。」
「雄豚の成功の1つのプラス面効果は、古代の政府機関シャルルマーニュ(Charlemagne)大帝の数日に戻り、生き返らせることです。」

ルブテリー大隊(lieutenant de louveterie)は、オオカミ狩りを構成するタスクで812を作成した。
問題があったところでは、略奪する獣類を殺すために下生えと森を打って、彼らは大虐殺のためにローカルの労働力を徴用する権利を持っていた。

オオカミ(Wolves)は1世紀前にフランスから見えなくなったが、ルブテリー大隊は決して解散されなかった。

ルブテリー大隊は数100がフランスのボランティアとして残っている。
そして、現在、ルブテリー大隊の主要な仕事は、猪を抑えることになった。

「More boar(モア・ボア/多すぎる猪)」

増殖の理由が完全に理解されているというわけではない。

1つの要素が、1999年12月にフランスを襲った膨大な数の嵐であったかもしれない。
その時、雄豚にとって、完全なカバーが提供された何百万本もの木を吹き倒して、森林地帯を荒らした。

したがって、それから数年間、ハンターは彼らの数で深刻な影響を与えることができなかった。

また、いくつかの領域では、一般化されたトウモロコシの植え付けが動物を奨励した。

猪はトウモロコシがとても好きで、そして、作物が高く厚くなるので、猪のための素晴らしいカバーとして機能し、再びハンターのタスクをより困難にした。

「2か3頭の猪は、一夜でその領域を根絶やしにできる。」

アルザス州の狩り協会による作物被害補償計画走行のための査定者「Pascal Perrotey-Doridant」は、「軸を踏みにじって、次に、トウモロコシの穂軸をむしばみます」と言っている。

「Pascal Perrotey-Doridant」は、農業者への損害賠償として毎年、何十万ユーロをも認可している。

トウモロコシは別として、最も悪い略奪が畜産農場にある。
猪が持ち込む、虫(worms)と幼虫(grubs)で、農業者が芝刈りするとき、地面が不ぞろいになり、干し草が地球と共に汚染されることを意味する。

この悪い影響を乳量に与えている。

しかし、最も好奇心をそそる疑問は、雌の猪があまりに莫大に出産しているように見える理由であった。

National Forestry Officeで、ドエイネ・パスカルニ(Dorine Pasqualini)は、
「雌の猪は、1年あたり2匹の子供を産む。以前はそうではなかった。」
「また、2匹の代わりに一歳で繁殖し始めています。」
「そして、数年前に雌の猪は、4〜7匹が標準で、最大一度に10匹のより多くの子豚を育てていた。」
「若年からのとても多く、より大きい子猪を生んでいた。」

確かに、より穏やかな気候はこれで役を務めた。
一連の温厚な冬が、雄豚数で一般に、より太っていて、より健康であることを意味した。

しかし、科学者は他の可能性を考えていた。
例えば、ハンターによる外で選抜されていた状態で彼らの存在によって引き起こされた雄の不足は、飼育することにおけるソーシャル・パターンの変化に通じた。

これは、新しいソーシャル現象と言える。

この猪ソーシャル現象から、増えすぎたFacebookユーザーでどのように変化させるか?

他の1つの要素として、人間のふるまいを変えている。

フランスはハンターの天国として知られているかもしれないが、実際のハンターの数は下がっている。

これは農業者の減退する数、および座業的で、郊外のライフスタイルの普及と関係があった。

アルザス州エルシュタン村(village of Erstein in Alsace)の近くで雄豚が増えている所では、ほとんどの人々が50以上代で、一握りだけの子供しかいなかった。

名前からすると、ここは元ドイツ領ですね!

「ほとんどのハンターは、都市からのかなり裕福な人々です。」

「Pascal Perrotey-Doridant」は、
「撃つ権利に多くのお金を支払うので、彼らは多くの雄豚を確実に仕留めたがっているということです。」
「ある意味で、私たちは魔術師の見習いに似ていました。」
「私たちは他のゲームを犠牲にして雄豚を奨励しましたが、現在、それらの数は制御しきれません。」と言っている。

アルザスでは、ハンター協会が、現在、職業を奨励するためにトレーニング施設に投資した。
フランスの「Cyne'tir」はユニークで、、関係者が雄豚のイメージを映し出しながら実弾をスクリーンに撃つ一種の映像兼射撃場になっている。

そうだ!
日本の味噌を持ち込み!
フランス人に、旨い猪鍋の作り方を教えよう!

トリュフは、豚に探させると言うが、猪が掘り起こしてしまうかも?

アルザス州エルシュタン村(village of Erstein in Alsace)のGoogle Earthポインター情報
48°25'23.13"N,7°39'47.76"E
または、
48.423092, 7.663267

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告