on-the-time.jp

2010年12月17日

さ迷えるジョン・ルービンスタインは、Amazonの役員になった。

電子ブック

MocoNewsは、さ迷えるジョン・ルービンスタイン(Jon Rubinstein/1956 - )が今度はアマゾン(Amazon)の新しい役員に加わったと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

ジョン・ルービンスタインといえば、アップル(Apple)のCEOスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)とともにベンチャーのNextを立ち上げ、iPodを世間に紹介し、携帯機器革命をもたらしたとも言える。
次に、パーム(Palm)のCEOとして、結果的にHPへ売り渡し、話題の上滑りを続けてきたが、今度はアマゾンでKindleの開発に携わるのだろうか---

そう言えば、iPodを世間に紹介したとき、iTunesのミュージック販売の実績は、今のアップルの基礎を構築し、携帯機器のコンテンツ革命をもたらしたとも言える。

さらに、Netflixのようなクラウド・ベースのプレミアム・ビデオ・サービスの世界へ、アマゾンを連れて行こうというのか?

アマゾンは、役員になる条件として、ジョン・ルービンスタインに、3年契約で会社株式シェア5,000を提供している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。