on-the-time.jp

2010年12月17日

パキスタンのCIAチーフのIDが漏洩!

ワシントンポスト(Washington Post)は2010年12月18日に、パキスタンのCIAトップ・スパイの殺人予告が引き金となり、調査した結果、2010年12月17日金曜日にパキスタンの情報機関が故意にパキスタンのCIAトップ・スパイ(CIA's top spy in Pakistan)のアイデンティティを露出したと確信し、彼のポストを移動させたと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。


両方の情報機関が過激派を捜すように圧力をかけられて、CIAが無人機打撃の広大で加速しているキャンペーンを行っているとき、CIAとパキスタンの対応者との関係が暴露された。

オバマ大統領が「国境のテロリストにとって安全な避難所に対処しなければならない」というパキスタンのリーダーへの新しい警告を発行したのと同じ日に、CIAステーションの役員はイスラマバードの政府機関からの大規模な攻撃を急がせた。

パキスタンが金曜日にあとに続くことができなかったとき、米国が、過激派を砕き続けるという新しい証拠がオバマのスピーチのあとに続いた。

伝えられるところによれば、3機のCIA無人機攻撃で、アフガニスタンとの境界カイバートライバル・エリア(Khyber tribal area)で最大54人という異常に大きい犠牲者数の過激派と疑われた人を殺した。

居住者は、政府機関に対して訴訟を起こすと脅かし、今週、CIAステーションのチーフに対して刑事告発し、彼が国を出るのを防ぐようにパキスタン警察に頼んだ。

潜在的逮捕の脅威が、役員をイスラマバードから免職するという政府機関の決定に貢献したかどうかは、不明瞭であった。

米国の諜報機関の職員は、彼のことが明らかになった後に、殺人予告の目標になったと言った。

職員は、CIAステーションのチーフは、CIA本部に呼び戻された。

CIAステーションのチーフの名前は、ISI(Inter-Services Intelligence)として知られているパキスタンの情報機関が、北部ワジリスタン(North Waziristan)の居住者によって、訴訟を起こすよう奨励する役割を果たしたと、パキスタン、インドのニュースメディアには何週間もの思惑であり、提供された。

米国当局者は、金曜日の初めてに説得されたと言った。

その43歳の役員は、以前にストックホルムとバグダッドで担当役人として勤め、CIAの秘密活動における才能が、見い出された。

元CIAの役員は、「彼は多くの中東経験があり、若くて、攻撃的で、有望な役員です。」と言っている。

米国にとって有望という意味は、同時に現地では、最悪な人になることだろう。

そしてそのアイデンティティは、トップ殺人ターゲットになることだろう。

これからは、そのような作戦が増えるかもしれない。

つまり、CIAの行動封鎖が、最大の武器になり、そのもっとも効果的な方法が、アイデンティティの漏洩であることが明らかになった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。