on-the-time.jp

2010年12月17日

パキスタンのCIAチーフのIDが漏洩!

ワシントンポスト(Washington Post)は2010年12月18日に、パキスタンのCIAトップ・スパイの殺人予告が引き金となり、調査した結果、2010年12月17日金曜日にパキスタンの情報機関が故意にパキスタンのCIAトップ・スパイ(CIA's top spy in Pakistan)のアイデンティティを露出したと確信し、彼のポストを移動させたと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。


両方の情報機関が過激派を捜すように圧力をかけられて、CIAが無人機打撃の広大で加速しているキャンペーンを行っているとき、CIAとパキスタンの対応者との関係が暴露された。

オバマ大統領が「国境のテロリストにとって安全な避難所に対処しなければならない」というパキスタンのリーダーへの新しい警告を発行したのと同じ日に、CIAステーションの役員はイスラマバードの政府機関からの大規模な攻撃を急がせた。

パキスタンが金曜日にあとに続くことができなかったとき、米国が、過激派を砕き続けるという新しい証拠がオバマのスピーチのあとに続いた。

伝えられるところによれば、3機のCIA無人機攻撃で、アフガニスタンとの境界カイバートライバル・エリア(Khyber tribal area)で最大54人という異常に大きい犠牲者数の過激派と疑われた人を殺した。

居住者は、政府機関に対して訴訟を起こすと脅かし、今週、CIAステーションのチーフに対して刑事告発し、彼が国を出るのを防ぐようにパキスタン警察に頼んだ。

潜在的逮捕の脅威が、役員をイスラマバードから免職するという政府機関の決定に貢献したかどうかは、不明瞭であった。

米国の諜報機関の職員は、彼のことが明らかになった後に、殺人予告の目標になったと言った。

職員は、CIAステーションのチーフは、CIA本部に呼び戻された。

CIAステーションのチーフの名前は、ISI(Inter-Services Intelligence)として知られているパキスタンの情報機関が、北部ワジリスタン(North Waziristan)の居住者によって、訴訟を起こすよう奨励する役割を果たしたと、パキスタン、インドのニュースメディアには何週間もの思惑であり、提供された。

米国当局者は、金曜日の初めてに説得されたと言った。

その43歳の役員は、以前にストックホルムとバグダッドで担当役人として勤め、CIAの秘密活動における才能が、見い出された。

元CIAの役員は、「彼は多くの中東経験があり、若くて、攻撃的で、有望な役員です。」と言っている。

米国にとって有望という意味は、同時に現地では、最悪な人になることだろう。

そしてそのアイデンティティは、トップ殺人ターゲットになることだろう。

これからは、そのような作戦が増えるかもしれない。

つまり、CIAの行動封鎖が、最大の武器になり、そのもっとも効果的な方法が、アイデンティティの漏洩であることが明らかになった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。