AD SPACE

2010-12-18

欧州単一通貨の構築に尽力したトマソ・パドア-チオッパが死去した。

人物

BBC Newsは2010年12月19日に、イタリアのエコノミストで政治家として欧州単一通貨「ユーロ(EURO)」の構築に尽力したトマソ・パドア-チオッパ(Tommaso Padoa-Schioppa)が2010年12月18日土曜日に、友人と共に食事をしているとき、心臓発作に襲われ、70歳で死去したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

名前は知らなくても、写真を見ると思い出す人も多いことだろう。

トマソ・パドア-チオッパは、ロマーノ・プロディ(Romano Prodi)政権下の経済大臣で、欧州中央銀行(European Central Bank)の最初の執行委員会のメンバーであった。

難しい下積み時代に「ユーロ」を導いて、通過させ、1999年1月に導入したときの功労者の一人であった。

最近は、自動車メーカーの「フィアット(Fiat)」で役員に任命されたトマソ・パドア-チオッパは、同時に債務の山にどう対処するかというギリシアの国家アドバイザーであった。

トマソ・パドア-チオッパは、イタリアの北東の町ベルーノ(Belluno)で生まれ、1968年にバンク・オブ・イタリア(Bank of Italy)に務める前、ミラノのボッコニ大学(Bocconi University)で経済博士号を取得している。

1998年から2005年まではECBの指導官で、2006年から2008年まではイタリアの経済大臣を務め、Basel Committee on Bank Supervisionのチェアでもあった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.