2010年12月18日

欧州単一通貨の構築に尽力したトマソ・パドア-チオッパが死去した。

人物

BBC Newsは2010年12月19日に、イタリアのエコノミストで政治家として欧州単一通貨「ユーロ(EURO)」の構築に尽力したトマソ・パドア-チオッパ(Tommaso Padoa-Schioppa)が2010年12月18日土曜日に、友人と共に食事をしているとき、心臓発作に襲われ、70歳で死去したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

名前は知らなくても、写真を見ると思い出す人も多いことだろう。

トマソ・パドア-チオッパは、ロマーノ・プロディ(Romano Prodi)政権下の経済大臣で、欧州中央銀行(European Central Bank)の最初の執行委員会のメンバーであった。

難しい下積み時代に「ユーロ」を導いて、通過させ、1999年1月に導入したときの功労者の一人であった。

最近は、自動車メーカーの「フィアット(Fiat)」で役員に任命されたトマソ・パドア-チオッパは、同時に債務の山にどう対処するかというギリシアの国家アドバイザーであった。

トマソ・パドア-チオッパは、イタリアの北東の町ベルーノ(Belluno)で生まれ、1968年にバンク・オブ・イタリア(Bank of Italy)に務める前、ミラノのボッコニ大学(Bocconi University)で経済博士号を取得している。

1998年から2005年まではECBの指導官で、2006年から2008年まではイタリアの経済大臣を務め、Basel Committee on Bank Supervisionのチェアでもあった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告